新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

97Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前から自民党さんとは、ガバナンス改革、GPIF改革などで色々一緒にやらせて戴きましたが、聞く耳を持つ人もいれば、正直、おい大丈夫かというような方もおられました。議員の質には大きな差がある。でも、最後は有能な方がしっかり成果を挙げてくれました。僕のような民間人の言うことを聞いてくれる懐の深さはさすがだと思いましたね。

今、都庁の顧問をしていて思うのは、本当に有能な役人が多いということと、ゆえに非常に硬直的にモノを考えがちだということ、そして、最後は保身に走りがちだということです。そのために各部局がメディアに変なリークまでする。都庁ではこうなんです、地方自治法ではこうなんです、というのが言い訳なんですが、民間の常識からしたらおかしなことが非常に多い。都民の税金を預かる役所としては、民間の知恵も積極的に活用して欲しいと思っています。
「人は働かなければならない」という大前提に立っていることが、問題解決の選択肢を狭めてしまっているのではないでしょうか。

AI進化による恩恵は、「人が単純な作業から解放されて、クリエイティブな活動に使える時間が増えること」です。

この「クリエイティブな活動」とは、必ずしも「働くこと」でなくても良く、究極的な表現をすると、「人類を少しでもプラスの方向性に導く可能性のある創造的なアクション」くらい広範囲なものです。

短期的に考えるべきは、AIによって効率化が進み生産性が増すことによって生まれた富を「クリエイティブな活動」を行っている人に還元して、誰もが生活の不安を感じず生活できるような法的、物理的インフラ整備だと思います。
その取り組みの一つがBIなのでしょう。

中長期的には、企業や人の生み出す価値が「利益」であったり、これまで簡単に「貨幣価値」に換算しやすい尺度だけで測られていましたが、今後は「クリエイティブな活動」を行う人たちが増えてくる分、その社会に対する貢献をどう測定して、その活動に対して承認していくかの仕組みや尺度作りが重要だと思っています。

「利益」などの尺度は、作業の効率化等の短期的な社会価値創造の測定には向いていますが、中長期的に価値を創造する「クリエイティブな活動」の尺度として用いるにはタイムスパンが異なりすぎて、時に弊害にすらなります。

AIの台頭によって時代が一気に加速する今だからこそ、急いで「私たちが当たり前だと思っていたこと」の棚卸しをしなければなりません。
労働を前提に考えてる時点で古いパラダイム、今必要なのはさらに先の価値観や枠組み。
>サントリーの社長として、また小売・サービス業の社長を15年以上経験した者として、ミクロ経済の肌感覚を持った上で、デフレ経済から脱却し、経済成長を続けるにはどうしたらいいか、を意見します。

民進党含めた野党が国民に支持されない理由がここにあると思っています。自民党と逆のことを言う、というのを党是にしているからでしょうけど、言っていることは

・アベノミクス、特に金融緩和反対
・消費増税遂行
・プライマリーバランス維持

デフレを促進させるようなことばかり言っています。イギリスの野党労働党はアベノミクスのような政策の促進を訴え、結果的に先の選挙で与党の過半数割れを勝ち取りました。

やはり、経済を分かっている政治家の存在が不可欠です。
地方の首長や幹部に民間のノウハウを注入するのは効果的だと思います。アイディアたくさんありますから。
"日本の場合は地方に、民間企業で経験をした人がどんどん入っていくべきだと思います。"
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。

業績

業績