新着Pick
25Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ストック型の収益とフロー型の収益は、確かに頻出の話で、IPOなどのテーマの場合でも、監査法人や証券会社は毎月チャリンチャリンのビジネスモデルを好みます。

ただ、私はいまいちこの理屈がわかりません。
毎月チャリンチャリン型のモデルは、一度契約すれば、売上が積み上げ式に増えていくとありますが、どんなサービスでも解約までの平均時間たるものはでてきます。そうすると、一件あたりの単価(現在価値)は自ずと求められる話であり、一回こっきり型の収益と結局のところ同じ話だと思うのです。

大事なのは、一回の取引における利益×取引回数であって、取引における利益が大きければ取引回数が少なくてもよいわけです。もちろん逆もしかりで、一回の取引における利益が少なければ、取引回数が多いとよいわけです。

大事なのは、この掛け算の答えがより大きくなるビジネスにオンすることです。

また、成長するビジネスは最初から決まっているとのことですが、そのビジネスが成長するかどうかと、自分(自社)がそのビジネスの勝者になれるかは全然違う話だと思います。例えば、人工知能などの分野は今後成長する分野ですが、今からビジネスに参入する人が全員人工知能ビジネスをやり始めたら全員成長するかといえば、そんなことはありません。

結局は、世の中の成長×自分(自社)ならではの強みをいかに極大化させるかなのだと思います。自分がなぜその分野で勝てるのかを考えずに勝ち馬に乗っかろうとしてビジネス参入してもうまくいかないものです。
「優れた成果を実現する経営者の仕事とは何か?」のシリーズも5回目に突入しました。本記事では新たな事業の生み出し方・それに取り組む当事者意識を持つ人材の生み出し方について議論しました。GMO熊谷さんが語る商売原則にも注目です。是非御覧ください。

ICCのNewsPicksの公式ページもぜひフォローお願いします!
https://newspicks.com/user/2163

平日 朝6時配信中。本日は4記事配信です
GMOインターネット株式会社(ジーエムオーインターネット、GMO Internet, Inc.)は、インターネット関連事業を行う東証1部上場企業で、GMOインターネットグループの持株会社でもある。本社は東京都渋谷区桜丘町のセルリアンタワー内に所在する。 ウィキペディア
時価総額
2,338 億円

業績