新着Pick
689Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
先日、落合プロの記事で、次の時代のユーザインタフェースは3次元で、今そこで一番熱いのはマイクロソフト、という記事がありましたが、正にそれを裏付ける形の記事。
https://newspicks.com/news/2114769

アップルも次は3DUIだと思っているということですね。
「三度の食事を取るようにARを体験するのが日常になる。生活の大部分を占めるだろう」というクックのコメントや、ドイツの光学機器メーカーCarl Zeissと共に、AR/MRメガネを開発中とのこれまでの報道からもアップルが次の柱としてARに標準をあわせている事が伝わって来ます。ジョブス亡き後、アップルが出す初めての本格的なハードとソフトの一体型プロダクト。どのような体験を提供してくれるのかとても楽しみです。
そりゃあ、VRよりARの方が利用頻度が高くなる分「人数×時間」が圧倒的に有利です。

VRはゴーグルがネックですね。
今月は米SXSW、福岡のB DASH CAMPをそれぞれ見てきましたが、共通していたのは「スマホ時代の終わり」を予測し、すでに次を研究していることです。

その中でもARは有望株のひとつです。
https://www.houdoukyoku.jp/posts/8640

2025年頃にはスマホは時代遅れの機器となっているかもしれません。
VRは諦めます、という事なら、特にゲームの分野でAppleは出遅れる事になりますね。ARを推したいが為のVR批判でれば、Appleにとってマイナスでしかない。
アップルのARは最近カールツァイスとの提携などでかなり期待が膨らんでいる。スマートコンタクトというコンセプトも話題になった。iPhoneとの連携でどのようなプロダクトが出てくるかはまだわかりませんが、年内の発売とも言われる新たなプロダクトにはかなり期待している。
デバイスだけの話ではなさそう…『ARで成功するにはハードウエアも必要だが、マップやソーシャル・ネットワーク、ペイメントなどほかにやるべきことがある。アップルはそれを成し遂げられる数少ない企業のひとつだ』
ファンクショナルな部分に注力するのはもちろんなんですが、ウェアラブルにするならデザインがいつも以上に非常に大事。
google glassは色んな要因があって盛り上がらなかったと予想しますが、あのメガネ、付けたい?と単純に思ってしまう。お世辞にもシャレてるとは言い難い。

今の技術だとデザインにどうしても妙な未来感が出てしまうのはしょうがないと思うのですが、デザイナーはファッションも出来る人じゃないとウェアラブルって難しくないですか。 カッコイイと思ったものが今のところ一つもない。。。

あと、本当にメガネかけないと実現できないんですかね? メガネかけたくない人、けっこういると思うんですが。
スマホの次はARっぽいですね。Microsoftの方が先行しているイメージを持っています。タブレットにおいてもWindows10の逆襲により、iPadは押されているようなので、Appleとしては牙城を崩されない為にもAR市場は重要になりそう。ユーザーとしては新しいテクノロジーが楽しみです。
トップが次の技術投資についてコメントしながら採用につなげる、という動きはテック企業なら上手く活用したい手法の1つですね
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。ダウ平均株価指数構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
88.2 兆円

業績