新着Pick
52Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
介護や外食などのサービス業はこれだけ採用難にも関わらず、賃金が低い。

恐らく、生産性、一人あたりの粗利が低いからだと思う。

ここが変わらないと日本は比較的生産性の高い製造業から生産性の低いサービス業に人が流れて全体の生産性が下がる一方だ。

賃金水準も上がらないので、結果として消費も冷え込んでいく。

サービス業の生産性を高め、賃金水準を上げる努力が今の日本には必要だと思う。
短期のトレンドで決めると、少し厳しそうではある。
採りたい側と就職したい側のミスマッチが如実にあらわれている印象です。
医療・介護、陸運やサービス業は慢性的な人手不足業種。ただ、典型的な3K業種も珍しくなく、敬遠されることの多い業界でもある。学生とのミスマッチも顕在化しそうだ。
やっとここまで来たか第3弾。まだまだこんなもので終わってはいけない。
軒並みに離職率が高い業界ですね。
ここ宿泊・サービス業が入れば完全です。笑

大卒採用を積極的に採用することは非常に大切ですが、もっと大切なことはそのスタッフが3年以内に約40%弱辞める離職率を下げること、つまりは働きやすい環境を創り、定着率をあげることです。
実はこちらの方がもっと大切です。
少子高齢化がかなり進んできたということです。このため若い人達は就職し易くなった反面、社会保障の負担が増える可能性に注意した方が良さそうですが。