新着Pick
64Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
コミー長官といえば、昨年11月8日投票の米国大統領選直前の10月28日に司法省の反対を抑えてビラリー・クリントン候補の私用メール問題の再捜査を発表し、世論調査で10ポイント以上劣勢だったドナルド・トランプ氏の猛追現象を結果的に起こしたと言われる職務に忠実な正義漢。その意味ではトランプ大統領誕生に貢献したと言えなくもない「公平な」人物です。
1年程度は職に留まらせることが慣例である大統領任命の93人の連邦検事の残任者46人を一気にクビにしたトランプ大統領の狙いは、相次ぐ政権の情報リークにこれらの検事が絡んでいると見たからだと言われます。同じ勢いで任期4年目のコミー長官を交代させることもできたはずですが、トランプ大統領はそのまま留任させている。FBIがロシアとトランプ大統領側近や共和党選対本部との関係の有無を調査していることは既に知れ渡っているだけに、大統領が介入することが稀なFBI長官人事に介入して任期10年の4年目で「公平な」コミー長官を交代させれば議論を呼ぶことは必至でしょうし、敢えて操作を公表するのもそのあたりに狙いがあるのかも。反対するものはすべてクビ、という傾向を見せる大統領は今後どのように対応するのでしょう・・・・。欧州でも重要な選挙が続くだけに、大事な捜査だと感じます。
捜査していることを公にするところが日本からみて新鮮です。日本の捜査は「密航」が原則。他国に比べて、より高い精密司法を求められる事情もありますが、それにしても密室すぎます。マレーシアの警察もそうですが、警察トップ自らがどんどん会見して語る姿勢は日本の警察も見習ってほしいと思います。
ただ、突然の捜査開始宣言でクリントン勝利を吹き飛ばした当のFBIがトランプ大統領側を捜査というのは割り切れない感があります。
もし仮にFBIの捜査で大統領選挙へのロシアの関与が認められ、かつ、トランプ氏がそれを知っていたことが暴かれると、混乱に拍車がかかることになります。それでも米国の価値観では不正は許さないでしょう。
「この種の情報は普通はこれほどオープンにしないが、今回はあえてオープンでやる」と冒頭に言っていました。ニュースの解説者は、それが「共和党の意向だから」と言っていました。それは果たして、どういう意図なのか、トランプ下ろしのためなのか、逆なのか?私にはよくわかりません。
例え民意であろうと、法律を犯したなら
大統領ではいられない。

しかし何故長官は極秘捜査の事を口に
するのか?

自信があるからか?
もしくは、単なるトランプに対する
プレッシャーか?
FBIがトランプ陣営とロシアの関係について捜査を進めていることを確認した。
ーー
米情報機関は、ロシアが民主党有力メンバーの電子メールにハッカー攻撃を加えることで、トランプ氏の大統領選勝利を支援したと結論付けている。
朝から(アメリカは夜から)CNNはBreaking Newsとして大騒ぎです。
CIAもFBIも敵に回して、トランプ大統領大丈夫か。
ともあれ欧米の選挙にも関わってくる問題なので、がっちり捜査して発表していただきたいです。
逆にオープンでやることに意味があるのだと考えます。どれだけ隠してやっても、今のトランプ氏の耳には何かしらの形で入るはず。
オープンでやることにより、もし、コミー氏に何かあったら世論はトランプさんに独裁者のレッテルを今以上に貼ることになる。そしてそれは政権にとっては歓迎されることではない、と考えます。
溝は深いですねぇ
時の政権を公開で捜査するなんて日本では考えられませんね。これが当たり前なのか、それほど関心が高まっているのか。