新着Pick
199Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
投票率の低さはご指摘の通りですね。これだけの富を失っても国民はそのはけ口を政治ではなくスキャンダラスな話題に求めています。
その理由はそこそこ豊かだからでしょうね。
絶望の国の絶望した人々。
・イギリスとアメリカは日本とともに投票率が低い国なのですが…。
・政治的怒りが自殺と相関している研究が出てきてない
・直接選挙か間接選挙かの比較がない。いわゆる「ポピュリズム」と筆者が称する選挙の多くが直接選挙型なのだから、日本に当てはまらないのは当然ではないのか
・ジニ係数と再分配の仕組み、1票の格差など、「都市と地方」や「富裕層と貧困層」の格差を象徴する制度や数字を全く比較していない
ってことは、失業率の低下とともに自殺率下がってますから、日本人の怒りの声は低下してきているということになりますが。
この記事は意味不明だが、何故日本でポピュリズムが起こらないか?という問題設定は面白い。これに対して、ある有識者はこう言っていた。
それは、「既に政府がハイパーポピュリズム的な政策を実施しているから!」だと。
つまり完全雇用状態で、97兆円という史上最大規模の予算を組み、消費税のような痛みのある政策は延期。短期的には痛みがあるが、長期的には良くなる政策ではなく、当面、国民が納得しやすい政策が取られているということだ。ポピュリズム的な政策を政府がやってるから、日本ではポピュリズムが起こらない。面白い視点だと思う。