新着Pick
90Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日銀にはこういった論調の記事に惑わされずに2%の物価安定目標達成のために緩和継続していってほしいものです。それ以上に現行のYCCの枠組みの下では政府が財政出動を一定以上の規模で行うことが必要不可欠ですので、目先は当初予算に足し合わせる形でどの程度補正予算を組めるかが焦点といえるでしょう。

現状で「大規模緩和を終える将来展望を示せるかどうかが焦点」といって拙速に出口を求めて金融引き締めが議論されるようでは、経済情勢の悪化は免れ得ないでしょうし、雇用環境の改善等少なくとも一歩前進している状態から二歩、三歩後退することになりかねないと思います。
逆に、米国が利上げに動けるほど経済環境が良くなっているからこそ、日銀の政策効果が出やすくなっているんですけどね。
>米国が利上げに動き、長期金利を低く抑えようとしている日銀の政策運営は困難さを増している。

金利と国債の価格はトレードオフ関係にあるので、国債を高値で買い集めるだけでしょ。国債の価格が上がれば金利は下がる関係にあります。

また、国債の購入財源がないなら確かに困難ですが、相手を誰だと心得る、日本の中央銀行ですよ。心配ご無用です。購入資金は自分で刷れます。
出口どころではない。
プライマリーバランスの目処も、
消費税も、
そして例えばIndustrie4.0の様な
成長戦略も打ち出せていない。
日銀を責めるのは、間違いである。
今の黒田日銀の金融政策はある意味で「異常」な政策である。そこまでしなければならないほど、日本経済は重症だったのだろうか。まるで薬漬けになっている病人のようだ。
いずれそこからの出口政策が必要となる時が来るが、その時に今までの異常なやり方のツケを払わさる時が来るかもしれない。出口政策も決して簡単にはいかないだろう。
「異次元の金融緩和」は何の効果も無かったのだから出口はもう考えているはず
この緩和がいつまで続くか、つい最近不動産屋で金利の話しをしている時に「これから先も簡単には上がることは間違いなくないから、変動でローンを組むことをオススメする」と言われました。 どうでしょうねー