新着Pick
202Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
IBMのコンサルタントであっても(学者や研究者ではなくても)、まず言葉の定義をしないと議論できないことを忘れてはならない。この辺は、現在のIBMのパートナーの指導の怠慢。しっかりしてほしい。

「しかし、「人類の幸福」という観点で見たとき、「工学」と「ビジネス」は綺麗につながる」とあるが、ここでいう「人類の幸福」とは何なのか?

便利さ?安さ?満腹感?安心感?確かに、AIは定型的作業を代替し、人間よりも正確に作業をこなしてくれる。で、人間では考えられないほどMECEにオプションを提示してくれる。だから、便利さと定義すれば、それは当てはまる。

では、他の場合はどうなのか?仕事を奪われないことが幸福?そもそも人間の幸福をどうとらえているのか?しっかりと考えてほしい。
「幸せのために」とか幸せを目的化するのは好きではない。幸せなんて感受性の問題で、絶対的指標のないものを目的化することが果たしてできるのか?
結婚とか就職とかの状態の先に幸せがあると勘違いしている状態依存の人たちに往々にしてありがちなことです。
「感動する」とか「楽しい」を幸せと同義にしてもいけないと思う。
「AIが幸せをもたらす」という言葉の使い方がいろいろな誤解を招く元凶ではないだろうか。
人間は非合理に出来ているので AI で合理的に行動出来るようになるのがあるべき開発方向
スゴイAIさん作るのは楽しいでしょうねぇ