新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

509Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
冒頭の「3.0」に対する塩対応がウケますね。
さて、以前も書きましたが、商社さんの事業モデルって、フロンティアに飛び込める高学歴で情報感度が高い社員が、情報格差と資本力で事業上の権益を抑える、というものであり、その意味では一貫しており、時代によってその内容を進化させてきたということなのだと理解しています
自分が出向していたのはもう10年も前ですが、その時には「CFOを育成する」と言っていた気がするので、それが「(CFOも含めた)経営人材を育てる」と言えるのも進化と言えそうです
一方で後半でチームプレーの大事さと5~10年がんばれ、と言っているのは商社というキャリアの3大泣き所の二つを表していて、一つはみんなが現場に出れるわけでなく本社側で管理をして膨大な社内調整をする人が必要なこと、やはり年功序列色はあるので20代の経験値としてはプロフェッショナルファームやベンチャーに劣るということですね
もう一つは、以前ほどではないにせよ好きな分野は自由には選べず、配属されたら「背番号」がついて回ることでしょうか
ただ、総じてとても魅力的な環境と思います
40歳で一人前か。僕が10年前に入社したときは商事出身の経営者として新波さんと遠山さんが事例とされていたけれど、今も二人に続く事例は創出できていないように見える。そして変化が速い時代に年功序列的な考えで経営者は育つのだろうか。
優秀な方が多い会社だからこそ、その中でも特に優秀でやる気のある人にはもっと早い段階で経営者ポジション任せてしまえば良いのに、とどうしても思ってしまう。
伊藤忠にいるときでも(あくまで感覚的には)、三菱は「何か研ぎ澄まされたものがある」会社として認識されてた。ただ、この流れが早い時代の中で「40歳前後で一人前に」という時間軸が若い人に受け入れられるのかがチャレンジだと思う。これはどこの商社にも言えることかもしれませんが。
チームワークや組織について学ぶ事はどんな分野でも良くて、基本は変わらない、という点は同意。
お金を生み出す仕組みを学び経験する事も同じかもしれない。
でも、商社は選択肢にないなと思ったのは、関わるビジネスのスケールは大きいかもしれないけど、自分の一番時間を使える20〜30代の時期を自分が興味や情熱を持ってる分野とは違うかもしれない事に携わる可能性がとても高いところ。
特に何かやりたい事が無いとか、学生時代は部活ばかりでビジネスとは無縁だったり、事業が何であれ「経営」をやりたい、って人には商社は向いてるのかも。
運や縁にそこまで左右されずに、自分の実力で、そういった道を歩めるのはネット業界くらいだろうと10年前に思った気持ちは、あまり今でも変わらないかなぁ。
十数年前から、総合商社は、「物流機能付き投資ファンド」のようになったなあ、と思っていたら、次は「物流機能・経営人材付きの投資ファンド」にななろうとしているらしい。「40歳で一人前」の人材育成モデルにどのような競争力があるか疑問がないわけでもないが、「経営人材」を育成しようという考えは適切だろう。

 カキウチさんというお名前は、資料畜産部という印象的な部署名と共に何となく筆者の記憶の中にある。おそらく、社内の為替予約の電話を受けたのだろう。「三菱商事3.0」、大いに頑張ってほしい。

 先日、久しぶりにお酒を飲んだ新人時代のインストラクターN氏がその時に仰った言葉をご紹介しよう。
「三菱商事っていう会社は面白いよねえ。われわれには、特別な技術知識やノウハウがあるわけでもないし、特殊な資産があるわけでもない。われわれにあるのは、ただ独特なポジションだけなんだけど、気がついたら随分儲かっている」
N氏は社長ではなかったが、三菱商事の投資先で要職にあって堅実な仕事をされた。

 商事の現役社員諸氏は、一方でN氏のように謙虚でありつつも、他方でカキウチさんのように自信を漲らせて各所の「ケイエイ」に臨んで欲しい。自分がその気にならなければ、ケイエイというものは調子が出ないものであるようだから。

 結果の多くは運であろうから、ご幸運を祈る!
事業経営でアルファを稼ぐというのは、いわばPEファンドの世界と同じです。それを組織力でやれば相応の成果が出るのではないでしょうか。しかし、問題は、人事考課制度です。やはり事業価値上げたら報酬も上がるというインセンティブ、ないし、インタレスト・アラインメントがないとなかなかうまく行きません。
VCに在籍して投資先へのサポートなどを行いつつ、新たな事業のネタを探す起業経験者のことをEIR(Entrepreneur In Residence)などと呼びます。次の起業時には在籍しているVCから資金を調達するのが基本的に想定されている流れ。
新卒採用を意識したシリーズだと思いますが、三菱商事の「事業経営にシフトする」という方針は、リターンの大きさの要素を除けばこれに少し似たところがありますね。就活生には響きやすいのでしょう。
「40歳前後で一人前」とありますが、就活生の身になれば、こうした方針が今後20年揺るがないということに賭けられるかどうかでしょうか。
私も新卒で三菱商事に入って、40歳前後のエージグループに入ってます。「40歳で経営のプロ」とは、この十数年で三菱商事も随分変わったなぁと。入社したての頃は、まだまだそういうキャリアストーリーは例外的で少なかった。三菱商事内外含め、トップ経営層で活躍する同期や同世代が増えて来た実感あり。
本当の三菱商事の姿がまだ伝わっていない、従来の「商社」のイメージを根底から変えたい、という垣内社長の思いを感じました。

もし三菱商事の、「商事」というネーミングを変えるとしたら何がいいか。思考実験として面白い。個人的には、冨山和彦さん率いる、経営共創基盤をグローバルに展開するイメージに多少近いのかなと思いました。
会社はPBR 0.8x。NPの特集には定性情報や財務情報だけでなく、バリュエーション情報を含めて考察した方が立体的な記事になると思います。市場の見方が入りますので
この連載について
三菱商事が思い描く「新時代の商社像」とは何か。どのように経営人材を育てようとしているのか。各部門で、事業経営のプロとして活躍するエースたちの取材を通して、三菱商事の今と未来を描く。
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。東京証券取引所市場第一部上場。 ウィキペディア
時価総額
3.54 兆円

業績