新着Pick
354Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これが歴史として語られる時代になったのか。まあ両当事者が今もフル回転しているけど。この事件はね・・・日本社会の非常に深いところに影響を与えた事件だと思うんだよね。

どっちが悪かったか、という話は、誰にも判断しようがないところだが、「ムネオ的」なものに対峙する、新たな市民社会の担い手を(それがどの程度実態を正確に反映しているかどうかは別にして)、大西さんが具現化した。
 
同時期に、私自身も、ムネオに比べればずっと規模は小さいが、きわめて似た体験をした。中東・イスラーム研究者の生殺与奪の権を持つ人間により、居並ぶ主要な教授たちと大学院生たちの前で、「イスラーム復興」なる概念を基礎にした、西洋近代を超克する「イスラーム」を美化して礼賛することによって成り立つ「イスラーム地域研究」なる枠組みで予算をとってポストをとっていかなければならない業界にとって、都合の悪い私の論文を振り回して叩きつけ、机をバンバン叩いて恫喝されるという体験である(その後、現在まで、イスラーム研究の一切の予算配分から私は排除された)。

歴然とした不当な言動を目の前にしながら、皮相な笑いを口元に貼り付けて一斉に黙りこくる業界の有力教授たち、そしてその瞬間から文字どおり私と口を聞くことを止めた大学院生たちの顔は、今でもふと思い出すことがある。そこに私は、日本社会における「ムネオ的」なものの巨大な壁を感じるしかなかったが、そこでふと頭によぎるのは、はるかに大きな権力を持ったムネオの恫喝を前に、なぜか引かない、そして負けない大西さんの姿だった。そこに一縷の望みを見出し、将来の方向性を見るしかなかった。

もちろん、圧倒的多数は「ムネオ的」なものに屈する道を選んだのだが、大西さんが別の道もあるということを行動と実績で示し続けて来たことは、単にNGOによる国際援助・平和構築支援という分野に限定されず、日本の文化と社会に深いところで影響を与える事件であったと思う。その帰結はまだ出尽くしていない。

想像だが、個人の性格や手法という意味では、大西さんも「ムネオ」と同様に清濁併せ呑むタイプの人なのではないかと思うが、「ムネオ」的なものに対峙する何かを、社会的に担い切ったことは確かである。

少なくとも、この事件の後の大西さんの活躍が、たとえほんの少しだけでも日本を良い方向に向けたということを、私は疑っていない。
大西さんには新公益連盟でも大変お世話になっています。ジャパン・プラットフォームを通じて日本のNGOのあり方を大きく変えた方です。この後で話されると思いますが、ふるさと納税制度を活かしてNPOのあり方も変えつつあります。私も鈴木宗男事件で、大西さんの事を初めて知りました。
大西さんのことを知ったのは、確か1997年くらいだったと思います。当時、NGOでボランティアをしていたので、その流れで「ピースウインズという新しいNGOが活躍しているらしい」「代表がとても若いらしい」というのを聞きました。

ちなみに1990年代後半は、ODAに注目が集まりNGOという言葉の一般認知が広がり始めた頃です。その頃の日本のNGOは1970年代くらいから活動している団体が多く、お互いよく知った関係でした。

ですのでピースウインズの話を聞いた時の最初の印象は、「若い団体が何かやり始めたらしい」という、なんというか村に都会の若者が入ってきたような感じを勝手に抱いていました。まぁ嫉妬なんですが。

宗男さんが、どう感じられていたかは分かりませんが、当時の国際協力の現場というのは、そういう意味で狭い業界でしたから、同じような感覚を持たれたのかもしれません。

しかし記事を読むと壮絶なやり取りだったのですね。これを乗り切る大西さん、すごいです。
当時はまだ10代だったためなんとなくしか知らなかったのですが、今読んでみると相当におもしろい。鈴木宗男さんって影の外務大臣としてこんなにドンだったんだ(笑)

「外務省と経済界とNGOがバラバラに活動するのは効率が悪いから、3者をまとめようとしていた(その3者が結びついたのがジャパンプラットフォーム)」という全くの正論が当時は(今もでしょうが)権力という理不尽なものにやられていたんですね。

塩崎恭久さん、河野太郎さん、下地幹郎さんを、タリバン政権崩壊後のアフガニスタンを案内したとさらっと言うところもすごい。

外務省からすればトカゲの尻尾切りだが、「ここで屈服したらNGOがすたる」という思いで闘い続けた姿勢は大変見習うところが多いです。

そして携帯を使うのをやめて衛星回線に替えたり、小泉政権に半ば脅しともとれる提案をするなど、やはりそこまで戦略的にならないといけないのかと思い知らされました。その際、戦地で培ったストレス耐性があったのは救いだったと思います。

結局、障壁がないということは、何とも思われていないことの裏返し。会社内における健康対策も全く一緒で、最初は「先生の好きなようにやってください」と言われるものの、いざ本質的な課題を突いた提案や計画を出すと「いやいや、これは・・・」といったやりとりには必ずなります(笑)まぁ私の業務では証拠をもって世論に訴えるレベルにはなりませんが・・・。

最後に、記者会見における芸能記者のポジションや、「水に落ちた犬」になったとたん、今まで彼に頭を下げていたやつらが一斉に宗男さんをたたき出したというくだりも興味深い(笑)

恐らく人間は成し遂げようとする行為よりもその横柄な態度にイラつくんだと思います。

嫌われる勇気は大事だけど、無駄に嫌われるようなことは極力しないのがいいんでしょう(笑)
さすが坂之上さん!良い引き出し方してますね。面白い。
口をあんぐり開けて、社に持ち帰るのが、ごくごく平均的な日本人の感性でしょう。
大西さんの気骨が、どのような環境で育まれたかにとても興味があります。
この時期のことを、外務省の中の人複数からも話を聞くと、さらに、色々と興味深いことが分かります。
外交とか国際協力は国家や政治家だけの分野じゃないですね。ブラボー!
さすが大西さんと坂之上さんのトーク面白いですね。笑 前に国連とか有り難がってるのは、第二次世界大戦敗戦国くらいだ、とか話してて、それでジャパンプラットフォームとかを立ち上げたり、バイタリティすげーなーと。都市政策分野でも本当は国際連携の話を真剣に考えないといけないんだよなぁと思わされる。
大西さんのインタビュー超面白い。
イラクやタリバンの現場から比べたらそりゃ怖いものはないでしょうね笑
そのあとの鈴木宗男さんとの偶然の再会の場面がまたいいですね。会えばわかる、話せばわかる、というのは本当にそうだな、と思います。
この連載について
今、日本と世界は大きな転換期にある。そんな時代において、世界レベルで飛躍する、新時代の日本人が生まれ始めている。本連載では、ビジネス、政治、アート、クリエイティブ、研究など、あらゆる分野で、新時代のロールモデルとなり得る「グローバルで響いてる人の頭の中」をフィーチャー。経営ストラテジストの坂之上洋子氏との対談を通じて、各人物の魅力に迫る。