新着Pick
65Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
まずはハイボールを投げてあとで低目に微調整。
アメリカのビジネスマンの行動様式ですなぁ。
違憲の誹りを受けないよう、部分的に改善した大統領令になるのでしょう。その大統領令を出すことの是非はともかくとして、少なくとも三権分立が健全に機能しているのはいいことだと思います。
グリーンカード保有者や軍公認の方は対象外、のような条件を盛り込んで、違憲と言われることのない形に出来る限り修正するようです。

最高裁まで引っ張るというような時間も労力も掛かることをせず、あっさり修正するところはさすがビジネスマン。トランプ叩きのCNNは残念でしたね。
あれを「非常に円滑」と言える感覚が理解出来ない。
経営環境の変化に応じて経営者の朝令暮改は許される場合が多い。しかし、それでも根底に確固たる理念がなければただの無節操な対症療法の愚策でしかない。

私的企業経営には比べようもなく、より広範で厳格な責任が伴う、「大統領」では全く事情が違う。

「差し替え」と呼ぶことで、大統領令の違法性・不当性を薄めようとしているのだろうが、間違いは間違いだ。

裁判所の判断は、その文言だけではなく、その理由や射程も重要だから、そこを取り違えた小手先の対応では解決にならない。
トランプ大統領は会見で、来週にも新たな大統領令を出すと発表した。また、それは法的判断に従う内容になるとのこと。
世論を作り注目を集めるという視点において、私はトランプ氏から学ぶべき事は多いと思います。
どんな内容になるか、世界が注目しています
【国際】今回大統領令が出ている背景には、連邦議会で入国制限の立法化を行うとしても、その審議に時間を要する可能性があるという事情がある。連邦議会は上下両院とも共和党が押さえており、入国制限に積極的なセッションズ氏の司法長官就任を承認していることを考えると、早晩連邦議会レベルでも入国制限の法案が出てきてもおかしくはないと考える。