新着Pick
225Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
地域によって、その天気の気分に合った曲が違うのは面白い!
これからは本当に検索でなくレコメンドの時代ですね。
Google Play Musicでも位置情報と天気、時間から、機械学習でプレイリストを提案する機能がありますね。今の時間はバレンタインデー、朝活、朝の運転などのプレイリストが表示されています。

「Google Play Music」に機械学習採用プレイリストやオフライン再生機能強化
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/15/news059.html
天候だけの要素で考えると、ニーズを掘り起こすのは困難だと思います。
温度や湿度も大いに関係しますから。

Spotifyくらいユーザー数が多ければ、気候や地域による嗜好を分析できるのではないでしょうか?

天候はあくまでアドバルーンでは?
天気に限らずいろいろ教えてほしいね
面白い取り組み。
Omni-Channel研究においても、お客様の購買チャネル選択における状況要因=Situational factor(天気、忙しさ、景気、住む場所等)は、ストア選択(ネットストアか店舗)に影響を与える一つの変数といわれますので、何らかの良い結果が生まれそうですね。結果の詳細が知りたいですね(^^)
どんどん音楽の聞き方が好きなものや、ディグったりといった、より自分に近いところから、BGM的などこか距離感のあるところに置かれつつある気がする。
これが、「これまで音楽を聞いていなかった層」へのリーチなのか、それとも、「これまで聞いてきた人の関心が薄れている」のか。もし後者なら、別の策が必要なような。。。
データを媒介に全ての事象が音楽を楽しむきっかけになる取り組みは素晴らしいです。
まさに新しいMUSIC DISCOVERYといえるサービス。
百貨店など小売店に業務支援の一環で導入したらおもしろそうです。
Pandoraと差異化させるためにも、データの組み合わせで新しい音楽との出会いを演出することが重要になってきてますね。すでに走るテンポに合わせて動的にプレイリストを生成する機能がアプリには実装されてますけど、他にもいろいろと応用できそうですね。なんかもうありそうですが、Wazeと連携させて交通情報に合わせたプレイリストを生成する、とかとか。
Spotify(スポティファイ)とは、音楽のストリーミング配信サービス。2016年現在、1億人を超えるユーザーをかかえる世界最大手。日本では2016年9月にサービスが開始された。 ウィキペディア