新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

325Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
後藤さん
記事ありがとうございます。
90年代まではDRAM、ディスクリートでも世界トップ級、RISCなどロジック系では有数の地位にありました。半導体では、多くの素晴らしいトップがいました。また、80年代は社長も立派であり、それが研究所での多くのイノベーションを生んだのだと思います。NAND、ワープロ、TFT液晶、ダイナブック、多くの発明としかもそれが事業の柱となったのは総合電機の中でもかなりの打率です。イノベーション曲線でピークアウトしてからの対処がよくないですね。

15日の集まりで、会場にいたのは30分強だったので、会いたいのに会えない方も多かったですが、多くの方に直にお会いでき話せて良かったです。スタッフや読者の皆さんの声もあり、軽くコメントはすることに致します。
これまでのように、あまり真剣に熱くやっていると腹立ちや失望があったりしますので。どうか、よろしくお願いします。
さすが若林さん、歴史的経緯からその先まで、分かりやすい解説です。原発事業は既に(マイナスのものも含め)国益を抱え込んでいますが、NANDは国益と言えるのかどうか。言えないのであれば米国勢を中心とする外資へのマジョリティー売却によって一気に東芝本体の財務を立て直し、IoT企業としての再出発をする方がいいですね。昨夜、NPのアフターパーティでも何人かの方々とそんな話をさせて頂いたばかりでした。東芝は(成功したとは言えないものの)HEMSを含む社会インフラとしてのIoTに取り組んでいる有能な技術陣がいます。何とか立ち直って欲しいものです。

ただし、もう一つの手段は、東芝本体の債務超過を債権放棄等にとって一旦解消した上で、半導体部門を当面含む事業再生計画に基づく本体への増資(PEによる)という手もまだ残されています。私的整理手続きの場合、全行の同意が必要で、1行でも同意しなければ法的整理になりますが、それでも事業別にスポンサーを募れるので、債権者はもちろん、各事業部門の人や取引先にとっては決して悪くない選択肢です。
東芝の半導体部門は長く重電の人たちから格下に見られていた。会社のDNAがそうなので。だからどんなに稼いでも半導体出身の社長は出なかった。
初の社長は不正会計で緊急登板することになった室町さん。
西田氏、佐々木氏と一つの事業しかみていない人が社長になるケースが多い東芝。だから情実人事も横行する(もちろん日立とかにもあるが)、文春の大西さんのレポートをみても、いかに歴代社長が他責思考ということが分かる。
個人的には医療よりも先に半導体を売却すべきだったと思う(結果的に医療も売ることになったかもしれないが)。
半導体は完全売却でいい。ファンドが絡むとしも、経済合理性、ビジネス観点で決めて欲しい(いわゆる政府の息のかかったのは・・・)
非常に分かりやすい解説記事でした。後藤さんのコメントにある、残りの8割も是非いつか記事に起こして欲しいところです。

これからもしばらくは、コンピュータ周りの構成は大きく変化しないでしょうし、データセンターのHDD置き換え需要もあるとなると、この分野はまだまだ成長性高そうですね。
特許切れの問題等が無いのかとか、そのへんは気になります。
流石の若林さん。長年の知見からわかり易くまとめて頂いてます。戻ってきてくださいー
内容として「迅速な意思決定が求められる半導体部門は、重電スピードの経営とは合わないのでずっと独立したがっていた」と言うのは大変重要な話ですね
少し違いますが、多角化の中で儲け頭が自由に経営できないというのはカネボウとカネボウ化粧品の関係と似てるなあ、と感じました。
切り離したほうが、事業の視点では良さそうですね
売却を先送りするとの報道も出た東芝の半導体事業について、とても分かり易い解説です。「この経営危機によって、東芝は「IoT」という形で本業に戻る」という視点は新鮮です。
若林さんの分かり易い分析&提言。電機事業そのものへの愛を感じました。コメントにも是非戻ってきていただきたいです!
なお、東芝の半導体事業のオーナーは外資企業か投資ファンドになる可能性が高いと思いますが、このことについて未だにアレルギーを示すメディアやジャーナリストがいるのが不思議。日本企業が海外企業を買収することとまったく同じなんですが・・・。
余りにも悲しい、状況なのでコメント
出来ずにいましたが、シーメンスとの
違いを強く感じます。。

半導体の会社で必要な決断は、
インフラの会社で必要な決断とは
根本的に違うのだと思います。

同じ会社である事が、良くないのだと
思います。

シーメンスでは、半導体を1999年に
分離しています。
とても良い状態の時の決断でした。
さすが若林さん!分かりやすい。
東芝の行くべき道への提言にも唸らされます。
半導体事業で勝つ事が、東芝の看板より重要ですね。
超わかりやすい解説。
半導体部門独立がそんなに悲願であったとは知りませんでした。
多角化経営の難しさを感じます。今からIoT企業になるのはなかなか厳しい気もしますが、希望はあるのだと思える記事です。
この連載について
東芝が、さらなる絶体絶命の危機に陥っている。原発事業で約7000億円の減損を迫られる予定で、年度末の債務超過がギリギリの状態だ。15年に発覚した会計不祥事を契機に、次々と、経営難に陥っていく東芝。だが、日々の報道が喧しい一方で、一体、東芝で何が起きているのか、経営問題の全体像は極めてわかりにくくなっている。特集では、東芝問題を5つの論点に分け、完全解説する。
株式会社東芝(とうしば、英称: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の電機メーカーであり、東芝グループの中核企業。半導体メーカー国内最大手。TOPIX Large70及び日経平均株価の構成銘柄の一つ。証券コード6502、本社所在地は東京都港区。 ウィキペディア
時価総額
9,450 億円

業績

アップル(英: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。 ウィキペディア
時価総額
82.2 兆円

業績