新着Pick
139Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
インドで売れるかどうか、ですね。インドは高い端末は全然売れない市場。廉価中の廉価が販売の主力。
個人的な予想はあまり売れない。Appleもそんなことは100も承知でしょうから、どんな戦略なのか、どんな自信があるのか、すごく気になる所です。
数年前はインドネシア進出という計画がありましたが、インドに完全にもっていかれました。インドネシアは惜しいことしたなあ・・・インドが受け入れる動きは早かった。

ちなみに、新興国で出回っているスマートフォンは、中国のように自前で作っている国は別ですが、多くの国が輸入にたよっています。これが結構な金額で、貿易収支に影響を与えます。

インドネシアは経常収支赤字国なので、iPhoneのローカル生産となれば、iPhoneの輸入金額が減り、輸出が増える。すると貿易収支改善→経常収支改善という効果があるのでは、とも言われていました。劇的に変えるわけではないですが、貿易収支・経常収支は構造的に簡単には変わらないもの。すくなくとも5年ぐらいかかってじわりじわりと変化します。

ローカル市場も大切ですが、輸出という視点も大切になります。

インドも経常収支赤字国。マクロ的にプラスの影響がでるかどうか、長期ウォッチをしておきたいところ。

対照的でマクロ経済への効果がはっきりと現れたのがベトナム。慢性的な貿易赤字はSamsungがGalaxyの大工場をつくったことで大きく改善しました(輸入減よりもあの規模だと輸出。輸出データにも電話機・同部品という項目が数年前から上位に登場)。ベトナムぐらいの貿易の規模だと、かなり効く感じです。

ちなみに経常収支赤字国は、自国通貨の下落圧力にさらされることになります(他の要素を捨象すると、赤字分のドルを入手するために、自国通貨を売るため。売られる通貨は下落する)
ようやく!2年越しですね。
そうはいっても価格を下げられるわけではないでしょうし、インドは4ドルスマホが出ているくらいなので、簡単にシェア拡大とはいかないと思いますが。
1月に会合をもって4月末までに組立開始って、スマホの生産準備ってそんなに短期間で出来ることが驚きです。

でもそれではおそらく部品は全部輸入で単なる組立ですよね?

普通に考えたら却って原価は上がるはずなのですが、どういうカラクリがあるのでしょう?
ついにAppleがインドでの生産を4月末までに開始とカルナタカ州の情報技術担当相正式に発表。インドでのアップルストアにつながる第一歩。しかし、インド国内のスマホ事情を考えると、どこまでAppleが高価格帯のモデルで切り込むことができるかは注目したい。
インドでも整備品を売りたい。これが一番の理由だと思います。中古品の流通をApple自身で管理し、Apple Storeで販売したい。その為には、Make in India政策の関係でインドで組み立てる必要がある。Appleは特例を要求していたけど、結局は認められなかった。
割安な(と言っても高いけど)整備品を用意出来れば、Appleのシェアは高くなる方向にはなりますね。
アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品・デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発・販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ (Apple Computer, Inc.) から改称した。ダウ平均株価指数構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
92.4 兆円

業績