新着Pick
127Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
トランプを批判することが、国内の対立派への牽制になるとしても、このタイミングでトランプに「揉み手する」ような政治家に比べれば、はるかに優れている。

日本の一部の政治家に比べ、自由主義、民主主義へのコミットメントの度合いがはるかに大きい。封建制や特権団体を打倒し、全体主義と戦ってきたフランスに見習いたい。

立憲主義を知らず、民主主義を曲解する安倍首相には、理解できるかな?
オランド大統領って年末の世論調査で支持率4%なんだよね。つまり説得力がない
別に難民の受け入れと民主主義が関係あるとは思えませんが(もしそうなら日本は民主主義国ではないことになってしまいますし)、要は支持率が低迷する左派連合のオランド大統領が、大統領選挙を睨んで、右派連合や極右政党との差を打ち出すために、トランプ大統領をダシにして、国内向けアピールをしたということでしょうね。

アメリカの反応を見る限り、支持率4%の退任する大統領はあまり相手にされていないように思われます。

やはり外交は安定した内政と強固な支持基盤があって、初めて対等な交渉ができるということなのでしょうね。
オランド大統領の発言は、国内向けのメッセージという性格もあると思う。それを割り引いたとしても、欧州のリベラリズム、誇り高きフランス外交の本領発揮と言えるだろう。

最初の会談で、米国大統領と喧嘩をするわけにはいかないのは理解する。しかし、かつて価値観外交を掲げた安倍政権だ。その価値がどれ程の重みのあるものなのか問われる。
フランス大統領府による一方的な発表の垂れ流し。

アメリカ側の発表、トランプ大統領の反応に全く触れていない。

NHKはいつから特定の国の政府の広報機関に成り下がったのか?国内のみならず世界情勢でも中立性を放棄している様だ。だとしたら誰の意思でこの様な偏った報道を良しとしているのか?
ローマ法王も国連もトランプ大統領大統領の政策を批判し、カナダの首相は今回アメリカに入れなかった難民を受け入れると言っている。難民を受け入れない日本にはアメリカを批判する道義的資格はないが、トランプ大統領の太鼓持ちだけにはなって欲しくない。
強く批判したい気持ちはわかりますが、批判すれば効果があると考えているのでしょうか?
相手を見て物を言うべきかと・・・
まあ、「対外的な発言が、実は国内を意識した発言であった」というのは政治家の常ですから、「国内にいる、トランプ氏のような対立候補」を批判したかったのかも知れませんね。
次回大統領選への不出馬を表明していることが可能にする側面もあるオランド大統領の「強い批判」のオンパレードでしょうか。「~~~民主主義を守る闘いだ」と強調したとのことですが、そういえば、トランプ大統領の就任演説に「民主主義」という言葉は一度も入っていなかったはずだと改めで思い至りました。去りゆく大統領の言葉を受けて素直にハイ、そうですね、とはならないでしょうね・・・。
トランプ大統領に続いて極右のルペン・フランス大統領が誕生しドイツのメルケル首相も再選が適わない、という構図もあり得る昨今です。世界を動かすドライバーが民主主義や自由貿易といった開かれた価値観から怒りや自国第一といった閉ざされたものに変わって行くとしたら、エネルギー資源を中東からの輸入に頼り、北米貿易黒字が絶対的に重要な我が国は、トランプ大統領にどのように対応して行くべきなのか。批判を超えた政府の外交手腕がいよいよ重要性を増しそうです。 (・・)/~~~フレ!フレ!
こういうリベラリズム的な理想論が、現実にはテロが頻発している今の大陸欧州を生み、政権支持率の著しい低迷を生んでいる事を考えると説得力に全く欠ける。
自らの信念を主張し行動し結果を出すのが政治家です。
それはトランプ氏にもオランド氏にも求められることです。
そこにこそ首脳会談の意味がある。