新着Pick
288Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
すぐ出そうなものは手前に、しばらく保管しそうなものは奥に、その上でオーダーきたらできるだけ早くとってくる、なんて最適化問題考えたら、ちょっとたのしいなぁ 需要予測に基づいて、確率的に、複数の棚の動きを同時コーディネーション、しかも飛び込み注文にも動的に対応、なんて問題、もっと楽しいなぁ KIVA のソフトがベースなんだろうけど、どこまで解いてるんだろ? いろんなケース事前に解いて、ニューラルネットにディーブラーニングさせたら速く走るかもなぁ 研究としてはちょっと深みに欠けるけど、小粒でいい感じの問題だから、来年秋学期の大学院離散最適化クラスのプロジェクト課題にしてみよかな アマゾンの話なら学生さん興味持つだろうし
百聞は一見に如かず。動画が本当に雄弁。すごいですね。
以前のNPのアマゾン特集でもコメントしましたが「そもそも人が必要ない前提で倉庫を作ると設計から異なり効率だけでなく容量も増えるなど効率化される」というのは本当に強みになると思う
冨山さんの言っていた、「コピアブルなネットが活用されるほど結局は有限なものが強みでありアマゾンは物流」と言っているのがまざまざと感じられますね
人間がいなくなるのは時間の問題ですね。
これまで小物のハンドリングでは機械化せず、人手による作業が主流。アマゾンのロボティクスを使った物流改革は画期的。ロボットってこういうものが主流なんだろうね。
動画が分かりやすい。個人的には高さのわりに、結構なスピードで移動している印象。あとは、画面の右の方に棚が大量にあったが、移動もできるがスペース効率的によい隙間があるのだろう。
高さという観点含めて、地震対策が気になるところ…日本での運用では考慮せざるを得ないリスク。
そろそろ自動車の補給部品物流こそこういうの考えたらどうか?地域ディーラーの既得権があって全国展開は不可能に近いと思うが。
アメリカで導入されている動画は前からあり、日本は未導入という話でしたが、いつのまにか導入されたんですね。
動画をずっと見ていられるくらい、美しい動き。
コンテナが動くピッキングロボットのオーストア(*)もすごいと思っていたけれど、棚ごと動くのはさらにダイナミックですね。動画でそのスピードに驚きました。

(*)http://www.okamura.co.jp/company/topics/butsuryu/2014/autostore_1.php
この動画は見るだけで鳥肌が立ちますね。人間がほとんどいないもんな、着実に時代は変わってますね。
あとはピッキング。物の認識をして、掴まないといけないので、かなりむずい。深層学習とロボットの組み合わせで、なんとかなりそうだけど。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
48.3 兆円

業績