新着Pick
248Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
別に調査に非協力であっても構いません。都政改革本部では、この問題のみならず、豊洲移転にまつわる様々な問題点の原因と責任者の特定を粛々と進めています。そしてその手掛かりはしっかりと握っています。いずれ過去のトップの責任は問われることになります。協力しておいた方が身のためでは。
本来、都知事という重責にいた人物であれば都政を良くするために協力する(道義的、政治的)義務があります。
だから当初は協力姿勢を示したのでしょう。

一転拒否ということは、自らが責任追求される恐れがあることから「黙秘権」を行使したようなものでしょうか?

弁護士の立場からすれば「黙秘権の行使」を不利益扱いすべきではありませんが、刑事責任ならぬ政治的、道義的義務は別。
ご自身に不都合な事実があったと推測されても仕方がない。
仮に都からのヒアリング要請を拒否した場合、議会が百条委員会を開いて強制的に証人喚問を行うこともありえる(過去の知事にまで証人喚問権があるかどうかは要確認ですが、できる可能性あり)。

猪瀬氏、舛添氏の例を見れば分かる通り、集中審議はとんでもなく体力・精神力を使うもので、高齢の石原慎太郎氏には難しいのではないかと思います。そうなる前に、胸襟を開いて全面的に協力をして、真相解明をするのが本人にとっても一番かと…

いずれにせよ、まだ報道ベースでしか出ていない情報なので、正規の情報待ち。
裏でゴチャゴチャやっているのでしょう。
自分に汚点を付けたくないのでしょう。
もしや犯罪に近い行為、例えば横領とかあるのかも知れませんね。何かやましいことが無ければ協力する筈です。すでに自分ではコントロール出来ない心理が、焦りとして出ているという判断で見ています。
それにしても卑怯ですね。
ここへ来て器のちっちゃさをさらけ出していますね。
今からでも遅くないですよ、全面協力、全面解明。
最近、歳をとる現象なのか、自分が頑固になっているようで、やや気になっています。でも、このような老人にはなりたくないなー
ノーコメントは「文脈」によっては立派なコメントとして機能するとよく言われますが、石原さんの「拒否」も文脈を考えてしまいます。
豊洲市場移転は、誰が責任をとるのかが不明確な「リーダー不在プロジェクト」であったことがよくわかります。
責任を明確にすると、責任回避する人が出てくる。民間企業の組織でもよく目にするパターンですね。
ヒアリングを拒否して、石原氏が得をするとは思えない。単に怖じ気づいたのだろう。
拒否する理由がよくわかりませんがね。弁護士同伴でもいいんでしょうし。拒否して社会の印象が悪くなる方がマイナスだと思います。が、こちらの方はそういうことは気になさらない方のようで。
おいおい
より収束しなくなるよ