新着Pick
SPD3RS51SVRCNDU1
音響機器
JPN

音響機器 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
民生用電子機器製造
>
音響機器
ホームオーディオ、カーオーディオ、ポータブルオーディオ等、音の録音・再生に関わる機器を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
11万円代のSennheiserイヤホン「IE 800 S」、日本では11月中旬発売へ
マッシュメディア
|
ドイツの名門音響機器メーカーSennheiser(ゼンハイザー)は、同社のフラッグシップイヤホン「IE 800」をさらに進化させた「IE 800 S」を発表した。 ドライバーをグレードアップするなど、よりクリアで迫
7Picks
IT大手がスマートスピーカー開発に走る理由
The Wall Street Journal
|
IT大手にとってスマートスピーカーは、家庭用音響機器につなぐものというよりも、人工知能(AI)を活用したサービスの巨大なネットワークのために家庭に足掛かりを得るものという意味合いが強い。
5Picks
BoseのQuiet Comfort 35次期モデルにGoogleアシスタント搭載と判明。パッケージ画像流出
Engadget 日本版
|
8月のはじめごろ、音響機器メーカーのBoseがユーザー向けに送ったニュースメールには主力ヘッドホンQuiet Comfort 35 Wireless Headphonesの写真が添付されていました。しかし写真に映る製品には販売中の製品にはない"謎のボタン"が。それがQC 35の後継製品であるとして、ボタンの役割がいったい何なのかがユーザーに様々な憶測を呼んでいました。 その後、9to5Goo...
5Picks
音響メーカーのオンキヨー、新スマホを示唆「AI/IoT時代に向けて、特長ある端末を展開」
Engadget 日本版
|
オンキヨーは自社スマートフォンの特設ページを公開しました。同グループのスマホの製品や、これまでの取り組みなどを一覧できます。 音響機器メーカーのイメージが強いオンキヨーですが、最近はスマートフォン事業を強化。2017年2月には『音響メーカーとして培ったオーディオ技術を投入した』とうたうハイレゾスマホ「GRANBEAT」(グランビート)を発表。また、傘下のオンキヨー・パイオニアマーケティング経...
7Picks
「ハイレゾ版ジャズ喫茶」はビジネスとして成立するか
Diamond Online
|
CDの基準を上回る高音質のハイレゾ音源と音響機器を揃えたお店は今のところ非常に少ない。そんな中、JR新宿駅近くにある「Spincoaster Music Bar」を取り上げた。
55Picks
花形とお荷物の事業部統合、「傍流」だからできた
NewsPicks編集部
|
同じ会社であっても、異なる事業部同士が統合するのは大変なことです。2000年4月、業務用音響機器(PA)と電子楽器(DMI)の事業部が合併して「PA・DMI事業部」が発足しました。電子楽器で稼い...
182Picks
サムスン電子、米コネクテッドカー技術のハーマン買収で合意 
ロイター
|
韓国のサムスン電子 は14日、米音響機器メーカーでコネクテッドカー(インターネットに接続できる車)技術を手掛けるハーマン・インターナショナル を約80億ドルで買収することで合意したと発表した。サムスンはハーマンの株を1株当たり112ドルで買い取る。これは、ハーマンの11日終値に28%上乗せした水準。
2Picks
まるでオルゴール!ホログラムが浮かぶターンテーブル「Kozmophone」が最高にユニーク
マッシュメディア
|
音楽をかけると、雲が動いたり、歌詞が浮かび上がったり。最近、音響機器の分野に、ちょっとした変化が起きつつある。Bluetoothが浸透し、技術的な差がなくなりつつある昨今。今後は見た目のインパクトが、勝負の分かれ目になる
6Picks
ソニー、有機ELテレビ『BRAVIA A1E』シリーズ発表。画面から直接音声を出力する機能搭載
Engadget 日本版
|
ソニーは1月5日、米国で開催中のCES 2017において、2017年に発売を予定している新製品群について発表しました。 このうちテレビや音響機器に関する『ホームエンタテインメント&サウンド』の中で、4K HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した有機EL(OLED)テレビ『BRAVIA A1E』シリーズを発表しています。 【ギャラリー】BRAVIA A1E: CES 2017 (5枚) 本製...
41Picks
夏だ!フェスだ!音響機器がライブ市場を盛り上げる
ニュースイッチ
|
今や風物詩となった野外音楽イベント「夏フェス」。音楽をよりリアルに体験できることから、夏フェスなどのライブ市場が活発化している。これに伴い、音響機器の販売にも好影響が波及してきた。ソニーはイベントを利用し、マーケティングを推進。パナソニックや米ボーズは、ライブ会場向けの製品を拡充する。音楽の聴き方が多様化する中、音楽と消費者の接点が大きいライブ市場の成長は音響機器メーカーにとって商機になって...
5Picks
周囲の雑音をカットして聴きたい音だけが聞こえてくるイヤホン「Hearphones」をBoseが発表
GIGAZINE
|
音響機器メーカーのBoseが、周囲の雑音をシャットダウンして聴きたい音だけが聞こえるヘッドホンシステム「Hearphones」を発表しました。Welcome | Bose Hearphones
4Picks
VRソフトウェア開発のDVERSE(ディヴァース)、世界的音響メーカーのゼンハイザーとVR空間での立体音響シミュレーションのPoC開始を発表
THE BRIDGE
|
VR(バーチャルリアリティ)ソフトウェアを開発するスタートアップ DVERSE(ディヴァース)は12日、都内で開催された世界的な音響機器メーカーのゼン... The post VRソフトウェア開発のDVERSE(ディヴァース)、世界的音響メーカーのゼンハイザーとVR空間での立体音響シミュレーションのPoC開始を発表 appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).
4Picks
バイクのハンドルで音を操作!“二つのYAMAHA”が世界初公開
ニュースイッチ
|
バイクのハンドルで音を操作―。ヤマハとヤマハ発動機は10月7―10日、六本木ヒルズ大屋根プラザ(東京都港区)で合同デザイン展を開く。楽器や音響機器のデザインと2輪車などモビリティのデザインを融合した音響装置「&Y(アンディ)02=イメージ」は世界初公開。両社のデザイン部門が共同でデザインしたコンセプトモデルや製品など、計11点を展示する。 目玉の&Y02は、一人がジョイスティック、もう一人が...
2Picks
ゼンハイザーら、VRでの立体音響実験を開始 ビジネス・エンタメに活用  
MoguraVR
|
音響機器メーカーであるゼンハイザージャパン株式会社とVRソフトウェアの開発を行う ...
4Picks
ベルリンフィルと奏でるパナソニックの音響・映像事業
ニュースイッチ
|
パナソニックは31日、ドイツのベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と映像・音響技術の開発などで協業する基本合意を交わしたと発表した。2016年内に詳細を詰めて契約を結ぶ。車載用音響機器、音楽配信技術、
7Picks
音響機器メーカーBOSEが開発したサスペンションが凄すぎる……!
Smash Magazine
|
あのBOSEが革新的なサスペンションを開発! アメリカに本社を置く世界的に有名な音響機器メーカーであるBOSE そのBOSEが今回世に送り出したのが、イヤホンでもアンプでもなく、なんと車のサスペンション! しかもその性能がハンパじゃない! その凄さは動画を見ていただければ一目瞭然なので、ぜひご覧頂きたい!   このBOSEサスペンションシステムは、リニア電磁モーターによって動作するするところ...
4Picks
電子書籍のメリットは「書き込み」にあり?
ガジェット通信
|
デジタル革命により、電話・音響機器・テレビ・カメラなどさまざまなアナログ機器がコンピュータ化。こうした流れのなかで、本もまた電子書籍化が進んでいます。日本では、現在...
2Picks
騒音を最大37dbまで遮断! Shureから同社初のBluetoothイヤホン登場
マッシュメディア
|
音響機器メーカーのShureは、同社初のBluetoothイヤホンを発売する。定評のある同社の音響技術を駆使し、周囲の騒音をシャットアウトしてクリアなサウンドを存分に楽しめるのが売り。 また、既存のSEイヤホンをワ
7Picks
二つの「YAMAHA」が音楽を奏でる電動車いす
ニュースイッチ
|
ヤマハとヤマハ発動機は共同で、音楽を奏でる電動アシスト車いす「&Y(アンディ)01」をデザインし、コンセプトモデルを制作した。ヤマハの楽器と音響機器、ヤマハ発のモビリティの技術やデザインを融合し、「楽器に乗るような体験ができる車いす」(ヤマハ)を提案する。 ベース車両は、負荷に応じて電動補助力が働くヤマハ発の「JWスウィング」。ヨットの帆をイメージしたスピーカーから音楽が流れ、本体両側には薄...
5Picks
電車の電気で車内ライブ 西武「アイドルトレイン」走る
乗りものニュース
|
西武鉄道が通勤電車を使って「アイドルトレイン」を運行。車内には照明や音響機器が設置され、電車が“動くライブハウス”になりました。
音響機器 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
ベトナム