新着Pick
SPD30EWNSKB3T4VN
映画製作・配給
JPN

映画製作・配給 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
コンテンツ制作・配信
>
映画製作・配給
映画の企画・製作・配給を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
ハリウッド映画『Crypto』製作へ!仮想通貨とマネロンをテーマにしたサスペンス
BITDAYS(ビットデイズ) - 仮想通貨を楽しく学べるメディア。
|
ハリウッドが今年、仮想通貨をテーマとした映画を撮影・公開することが明らかになりました。
22Picks
Netflixは支出の85%をオリジナル作品の製作に投ずる、既存の超大作映画などは儲からない
TechCrunch Japan
|
 まだ疑っている方がおられるかもしれないが、今のNetflixは確かに、オリジナルコンテンツに軸足を置いている。コンテンツ担当最高役員(Chief Content Officer1) Ted Sarandosの推計では、今後の同社の支出の85%が、新しい番組やムービーの制作に向けられる。 Read More
72Picks
「紙一枚」で日本にも浸透させた国連「広報戦略」のすべて
Forbes Japan
|
次の海外ドラマ、映画、TV番組の共通点はわかるだろうか?「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」、「スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険」、ベン・アフレックとマット・デイモンが製作総指揮をとった海外ドラマ「インコーポレイテッド」、・・・
197Picks
【激突】動画戦国時代、成功の鍵は「ステイフォーカスト」
NewsPicks編集部
|
米動画配信サービス大手、ネットフリックスの快進撃が続いている。巨額の資金を投じて製作するオリジナル映画やドラマを原動力に、世界のユーザー数は1億2500万人にのぼる。先週発表された1~3月期の決...
14Picks
ネットフリックスが支える「ドキュメンタリー映画」の新潮流
Forbes Japan
|
ドキュメンタリー映画の製作はコストが高く、意図したストーリーに仕上がらないケースもある。また、発表の場が限られていることも従来からの課題だった。その状況を打破するのがネットフリックスのようなストリーミングのプラットフォームだ。 2018年に・・・
10Picks
LDH、吉本興業、アミューズ……エンタメ企業“多角化”の背景 ジャーナリスト柴 那典が解説
Real Sound|リアルサウンド
|
EXILEや三代目 J Soul Brothersの所属事務所であるLDHや、福山雅治や星野源の所属事務所であるアミューズ、多数のお笑い芸人を擁する吉本興業など、エンタテインメント企業による事業の多角化が目立っている。 LDHは現在、音楽ビジネスを軸としながら、出版、映画配給、ダンススクール経営、…
54Picks
『シティーハンター』29年ぶり新作アニメ映画、19年初春公開 神谷明&伊倉一恵が続投
ORICON NEWS
|
ニュース| 人気漫画『シティーハンター』(原作:北条司氏)の新作アニメーション映画『劇場版シティーハンター(仮題)』の製作が決定し、2019年初春に公開されることが19日、発表された。冴羽リョウ(※漢字はけものへんに寮)は神谷明、槇村香は伊倉一恵というテレビアニメからのオリジナルキャストの継続も決定。同シリーズの劇場アニメが公開されるのは1990年以来29年ぶりとなる。 神谷は「僕の中にはず...
229Picks
「データがすべて」: Netflix のマーケティング大戦略、そして恩恵をうけるプログラマティック
DIGIDAY[日本版]
|
Netflixは今年、約13億ドルから約20億ドル(約1400億円から2200億円)までマーケティング予算を増やした。同社がコンテンツに投じる費用はおよそ80億ドル(約8800億円)、2018年だけでも製作予定の独自映画は約80本にものぼる。マーケティング予算の増大は、同社のコンテンツ戦略と歩調を合わせている。
21Picks
映画『ピーターラビット』 宿敵に食物アレルギー起こさせる 批判殺到 ソニー謝罪
www.afpbb.com
|
【2月13日 AFP】北米で先週末に公開された実写CG映画『ピーターラビット(Peter Rabbit)』にウサギのピーターたちが宿敵の男性の口にブラックベリー(クロイチゴ)を放り込んで食物アレルギーの症状を起こさせるシーンがあり、配給元のソニー・ピクチャーズエンタテインメント(Sony Pictures Entertainment)に批判が殺到している。
11Picks
任天堂、「スーパーマリオ」アニメ映画製作へ=経営方針説明会
Reuters
|
[東京 1日 ロイター] - 任天堂<7974.T>の君島達己社長は1日の経営方針説明会で、米映画会社ユニバーサル・スタジオ傘下のアニメ製作会社イルミネーション・エンターテインメントと共同で「スーパーマリオ」アニメ映画の製作を始めると発表した。任天堂とユニバーサル・ピクチャーズが共同出資し、ユニバーサルが全世界に向けて配給する。公開時期などは未定。
18Picks
少子化対策が失敗する理由は、60年前の映画でわかる - 「映画を見れば社会保障が丸わかり!」
Diamond Online
|
古今東西の映画を通じて、社会保障制度の根底にある考え方や、課題などを論じていく連載「映画を見れば社会保障が丸わかり!」。第3回は、少子化対策が失敗する理由について、1955年に製作された日本映画『愛のお荷物』を通して考えていく。
10Picks
ヴィヴィアン・ウエストウッドのドキュメンタリー映画が日本で公開へ
Fashionsnap.com 最新記事
|
デザイナー ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)の長編ドキュメンタリー映画「WESTWOOD: PUNK, ICON, ACTIVIST(原題)」が、イギリスとアイルランドで3月23日に公開される。日本の配給元はKADOKAWAで、2018年内の公開を予定しているという。 このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
158Picks
映画『君の名は。』2018年新春に地上波初放送が決定 新海誠監督「リアルタイム感を楽しんで」
Abema TIMES
|
(C)2016「君の名は。」製作委員会 2016年8月に公開され、歴史的な大ヒットを記録した、新海誠監督の長編アニメーション映画『君の名は。』が、2018年1月3日よる9時から、テレビ朝日が地上波とし
780Picks
宮崎駿監督が長編製作復帰へ 事実上の引退撤回
共同通信 47NEWS
|
【ロサンゼルス共同】約3年半前に長編アニメーション映画の製作から引退を表明した宮崎駿さん(76)が、新作長編の準備に入ったことを、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)が23日(日本時間24日)、米国のイベントで明らかにした。事実上の引退撤回とみられる。
370Picks
スター・ウォーズ週末収入、280億円と過去最高に-ボックスオフィス
Bloomberg
|
米ウォルト・ディズニー配給の映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開後初の週末興行収入は、北米で2億3000万ドル(約280億円)と過去最高を記録する可能性がある。ボックスオフィス・ドット・コムが16日に興行収入見通しを更新した。
95Picks
スター・ウォーズ、新たな3部作を製作へ ディズニー発表
www.afpbb.com
|
【11月10日 AFP】(更新)米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニー(Walt Disney)は9日、人気SF映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズの新たな3部作を製作すると発表した。
354Picks
「人工知能がつくった映画予告編」と「人間がつくった映画予告編」を見比べる
WIRED.jp
|
リドリー・スコットが製作した人工知能(AI)をテーマにした新作ホラー映画『Morgan』。そのトレーラーを、IBMの「Watson」が作成した。AIがつくる初のトレーラーの出来栄えは? 人間がつくった公式トレーラーと合わせて紹介。
320Picks
スティーブン・スピルバーグ監督が「VR技術は伝統的な映画作りを脅かす」と警告
Engadget 日本版
|
現在フランスで開催されているカンヌ国際映画祭にて、映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏が「VR技術は伝統的な映画製作にとって危険な進歩になるかもしれない」と警告を発しました。VR空間における視点の自由さと、従来の映画の「観客に何を見せるかは監督が決める」という矛盾を指摘したうえでの発言です。監督を務めたディズニー映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』が上映されたこともあり、スピ...
311Picks
「君の名は。」にみるハリウッド離れ-洋画より邦画の時代到来
Bloomberg
|
(Bloomberg) --洋画はかつて国内で公開される映画作品の中で高いシェアを占めていたが、近年では邦画が熱い。日本映画製作者連盟によると過去9年間、国内興行収入で邦画が洋画を上回る状況が続いている。
306Picks
「アナ雪」はほんの序章。ディズニーの“攻め”はまだまだ続く
NewsPicks編集部
|
昨年、世界の映画シーンを席巻した「アナと雪の女王」。3月12日、ディズニーから「アナ雪」続編の製作が正式に発表された。今週のWeekly Briefingでは、「アナ雪」を中心とした、ディズニー...
映画製作・配給 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン