新着Pick
SPD2QK9O6N7SNWX6
医療用電子機器
JPN

医療用電子機器 業界

日本
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
医療・福祉関連品製造
>
医療用電子機器
心電計、超音波診断装置、MRI、CT、検体検査用機器等、治療、検査の際に利用する電子機器を製造する企業群。ただし、内視鏡は本業界から除き、光学機器業界、レンズ業界に含む
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
28Picks
インフルエンザを診断するAI、ディープラーニングで実現へ 医療機器ベンチャー「アイリス」の挑戦
ITmedia エンタープライズ
|
タイミングの制限があり、精度もそこまで高くはないインフルエンザの初期診断。これをディープラーニングで支援できないか、と挑むベンチャー企業がある。
178Picks
海外から注文激増の山形産木製ブロック玩具、開発企業の意外な素顔
Diamond Online
|
本業の先行きに危機感を覚え、新事業を模索する中小企業は多いだろう。しかし、電子機器の組み立てを本業とするメーカーが、木製ブロックという知育玩具の製造販売に進出するケースは珍しい。しかもその玩具に、海外から注文が殺到しているというのだ。
13Picks
“放熱”新素材で自動運転は超進化、大量合成の偉業を果たしたのは 名古屋大学スタートアップ、数千万円の資金調達で製造ライン強化 AIも活用
自動運転ラボ
|
自動運転システムなどに使われる電子機器には「絶縁樹脂」が使われている。その絶縁樹脂の放熱性を高めることは、通信やデータを高速処理する必要がある昨今において、業界における大きな課題とされてきた。その課題に真っ正面から取り組んでいるベンチャー企業がある。名古屋大学発の株式会社U-MaP(本社:愛知県名古屋市/代表取締役CEO:西谷健治)だ。
9Picks
FCV内で水素を精製?栃木の企業と岩手大が機器開発へ
ニュースイッチ
|
大高商事(宇都宮市、伊原修社長、028・665・1911)は、岩手大学と共同で燃料電池車(FCV)用の「車上作動水素発生装置」とその関連機器の開発を進める。2018年度中に試作機を完成し3年以内の実用化を目指す。費用は大高商事が負担する。自動車内で水素を生む技術の実現で、FCVの普及促進につなげる。 高電圧電源によるプラズマ現象を用いて、液体炭化水素を分解して水素を精製する装置を開発する。将...
30Picks
伸ばした髪「いつか誰かのために」 小2男児の挑戦
伸ばした髪「いつか誰かのために」 小2男児の挑戦|テレ朝news
|
病気の子どもたちを支援する方法はいろいろありますが、この小学2年生の男の子・石田丞くん(7)が始めたのは髪の毛を伸ばすことでした。こうした医療用のウィッグを作るのに自分の髪を役立ててほしいという思いからでした。からかわれることもあったということなんですが、3年間、伸ばし続けた髪の毛をついに切る時が来ました。 くわしくは動画で…
62Picks
村田製作所、太陽誘電の主力事業「SAW/FBAR」市場に異変
電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)|電子デバイス新潮流~専門記者の最前線レポート
|
村田製作所や太陽誘電など、国内大手の電子部品メーカーは現在、空前の「MLCC(積層セラミックコンデンサー)バブル」に沸いている。スマートフォン(スマホ)などモバイル市場に加え、車載や産業機器向けの需要が一気に拡大したことで、供給が追いつかない状況が続いている。
26Picks
日本人が経営する中国・深センEMSの可能性
ZDNet Japan
|
中国・深センに電子機器の組み立て工場を立ち上げたのがジェネシスホールディングスの藤岡淳一社長だ。IoTサービスなどを計画する日本企業からのデバイス製造を受注するビジネスを展開し、今期(2019年1月期)の売り上げは前期比倍増の30億円近くを見込んでいる。
131Picks
マーシャル、ギターアンプ風スマートスピーカ発売へ--まずAmazon対応、年内にGoogle
CNET Japan
|
スウェーデンの音響機器メーカーZound Industries Internationalと、エレキギター用アンプのメーカーとして世界的に有名なMarshall Amplificationは、「Marshall(マーシャル)」ブランドのスマートスピーカ「Acton II Voice」「Stanmore II Voice」を発売する。
221Picks
超電導で浮いたフライホイールに蓄電 JR東日本らの実証実験、東洋電機製造が受注
乗りものニュース
|
東洋電機製造が、鉄道用超電導フライホイール蓄電システムの実証実験に向けた機器製作などをJR東日本から受注しました。
10Picks
アプリ活用で年3400億円も医療費が減らせる!?
ニュースイッチ
|
IQVIAソリューションズジャパン(東京都港区)は、モバイル機器で医療・健康関連アプリケーション(応用ソフト)を使うと、日本で年間約3390億円の医療費が削減可能との推計をまとめた。アプリには服薬を忘れないよう促したり、食事・栄養を管理したりするなど多様なものがあり、有効に活用することで医療費抑制につながりうることが示唆された。 推計にあたっては、研究や臨床試験を通してアプリによる予防や治療...
17Picks
国内最大級の健診予約サイトを運営するMRSO(マーソ)が上場間近か?!
note(ノート)
|
こんにちは、加藤浩晃(@HiroakiKato)と言います。 医師をしながら、デジタルハリウッド大学院でデジタルヘルス(医療×テクノロジー)の客員教授や、アイリス株式会社というAI医療機器開発ベンチャーをしています。 その他にも、厚生労働省の医療ベンチャー支援アドバイザーや、経済産業省のJ-Startupの推薦委員なども。 趣味が医療ベンチャーの分析で、自分自身が医師&医療ベンチャー経営なの...
21Picks
勝ち負けではなく「生きるか死ぬか」、デンソー、アイシンらで新会社設立
MONOist
|
デンソー、アイシン精機、アドヴィックス、ジェイテクトの4社は2018年8月27日、自動運転の統合制御用ECU(電子制御ユニット)のソフトウェアを開発する新会社設立の検討開始に合意したと発表した。出資比率はデンソーが65%、アイシン精機が25%、アドヴィックスとジェイテクトが5%ずつとなる。また、同日付で、アイシン精機とデンソーは、電動車の駆動モジュールを開発、販売する新会社を折半出資で設立す...
54Picks
未来に向かってデータを集める?過去のデータを解析?医療用AIで大切なこと
ニュースイッチ
|
医療分野で人工知能(AI)は“前向き”なのか“後ろ向き”なのかと、言葉が独り歩きしている。前か後ろか向きによって医師の印象は大きく変わる。臨床試験のようにルールを決めてデータを集める前向き研究は信頼性が高く、治療後の症例データなどを解析した後ろ向き研究は選択バイアスなどが入りやすい。AIの根源となるデータの品質にAIの可能性や限界が左右される。 前向きと後ろ向きは医師がよく使う言葉だ。観察研...
13Picks
2割超リスク情報提供せず 医薬品販売サイト
共同通信
|
2割超リスク情報提供せず 厚生労働省は27日、一般用医薬品のうち、リスクが高い第1類を販売するインターネットサイトの24.4%が、医薬品医療機器法で義務づけられている副作用などの情報提供を、購入者に実施していなかったとする20...
10Picks
エストニア電子政府基盤と連携、医療・金融・行政向け個人情報連携製品(セイコーソリューションズ、Planetway Corporation)
ScanNetSecurity
|
セイコーソリューションズと米Planetway Corporationは、医療や金融のシステム利用時に使用する個人情報の安全な交換が可能なPlanetwayの「PlanetCross」の販売事業を共同で推進することで合意したと発表した。
16Picks
M&Aの可能性も…苦しい医薬品卸、変革を急ぐ
ニュースイッチ
|
医薬品卸が変革を急いでいる。主要4社の2019年3月期連結決算は、3社が営業減益となる見通し。各社の主力とする医療用医薬品卸売事業の収益性が、薬価改定や後発薬の普及などで圧迫されることが要因だ。対策として各社は収益源の多様化を進めてきており、将来のM&A(合併・買収)の可能性を予感させる業務提携案件も出ている。合従連衡へ踏み切るか否かにかかわらず、供給網の強化には継続して取り組む必要があり、...
17Picks
自動運転時代のカーナビはどのように進化すべきか
ニュースイッチ
|
デンソーテン(神戸市兵庫区、岩田悟志社長、078・671・5081)はカーナビゲーションなど車用電子機器を手がける。トヨタ自動車の初代「クラウン」向けオートラジオ納入から事業展開し、地域の情報配信などサービスに多様性を持たせる。車の電動化を見据えたデザインの役割についてSS(ソフトウエアサービス)技術本部でUI(ユーザーインターフェース)デザイン担当の小沼剛主査に聞いた。 ―開発段階でのデザ...
10Picks
【台湾】鴻海が珠海市と提携、半導体生産の準備か[IT]
NNAアジア経済ニュース
|
【台湾】鴻海が珠海市と提携、半導体生産の準備か[IT] EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手、鴻海精密工業を中心とする富士康集団(フォックスコングループ)は16日、中国広東省珠海市政府と、半導体の設計や製造設備などの分野で協力する内容の戦略提携協...
医療用電子機器 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア