新着Pick
SPD2B8NX93I403JT
二次電池
JPN

二次電池 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
その他電子部品・デバイス製造
>
二次電池
二次電池(蓄電池)を製造する企業群。太陽電池・燃料電池は本業界より除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
14Picks
東芝、リチウムイオン電池増産=EVなど向け、約10年ぶり新工場
時事通信社
|
 東芝は16日、電気自動車(EV)など向けに需要拡大が見込まれるリチウムイオン二次電池の生産を強化するため、横浜事業所(横浜市)内に新工場を建設すると発表した。投資額は162億円で、2019年7...
23Picks
TDKが3年で最大3500億円の研究開発費、何に使うの?
ニュースイッチ
|
TDKは2021年3月期までの3年間で、約3300億―3500億円を研究開発に投じる。過去3年間と比べて20%増の規模になる。センサーや二次電池など事業の抜本的な強化が狙い。M&A(合併・買収)や事業構成の転換が一巡したため、内部資源を活用した成長に向けて研究開発投資を拡大する。自動車向けセンサーのほか、車載用電池最大手の中国コンテンポラリー・アンプレックス・テクノロジー(CATL)の技術を...
65Picks
日系素材各社から見た中国CATL、毀誉褒貶が定まらない
ニュースイッチ
|
素材各社は中国・寧徳時代新能源科技(CATL)への関心を強めている。世界の車載用リチウムイオン二次電池市場でパナソニックを抜き世界首位に躍り出たとされ、電池部材を手がける各社も無視できない存在だ。欧州市場に弱い日本勢にとって欧州自動車大手と相次ぎ供給契約を結ぶCATLの“ヨーロッパ・コネクション”も魅力的。一方で、CATLに対しては毀誉褒貶(きよほうへん)相半ばし、付き合いをためらう会社も少...
17Picks
三菱ケミと宇部興産、20年度に電解液事業を全面統合へ
ニュースイッチ
|
三菱ケミカルと宇部興産は、2020年度にリチウムイオン二次電池用電解液事業を統合する。18年初に先行して中国の事業を統合しており、残った日本と米国、欧州を含む全面統合に踏み切る。世界の電解液市場は民
11Picks
住友化学の構造改革は身を結ぶか
ニュースイッチ
|
住友化学は2021年度までに電池材料などエネルギー・機能材料部門の投下資本利益率(ROI)で10%(18年度予想は5%台)を目指す。近年リチウムイオン二次電池用セパレーター(絶縁材)などの増産投資やM&A(合併・買収)を進めたほか、課題事業の撤退など構造改革も断行。19―21年度の次期中期経営計画の期間でその成果を着実に収穫したい考えだ。 エネルギー・機能材料部門の投下資本は約2300億円。...
14Picks
蓄電池の需要は急増、2030年の市場規模は1.2兆円以上に (1/2)
スマートジャパン
|
調査会社の富士経済は今後の二次電池の市場規模予測を発表。再生可能エネルギーの導入拡大や自家消費モデルの進展により、2030年のグローバル市場規模は、2017年比6.6倍となる1兆2585億円まで拡大すると予測した。
15Picks
EV時代を睨んだ技術開発の最前線、モーターは快調だが2次電池は… - CAR and DRIVER特選! ドライバーズ・インフォメーション
Diamond Online
|
世界的にEV(電気自動車)とHEV(ハイブリッド車)の需要が高まるとの予測を受け、この分野の技術開発がにわかに活発化してきた。繰り返し充電できる2次電池、電動モーター、駆動力制御システムの3つが大きな研究開発テーマである。
275Picks
リチウム電池の寿命が12倍向上。安永が正極板で新技術を確立
ニュースイッチ
|
安永は電気自動車(EV)などに使われるリチウムイオン二次電池(LIB)で、正極板の集電体と活物質の結合を高める技術を確立した。活物質がリン酸鉄リチウムの場合、電池の寿命が従来の12倍以上となることを評価試験で確認した。今後、ユーザー評価も踏まえて、同技術を活用した電極板製造装置の普及を図る。車両用はもとより家庭やビルに設置する蓄電池での採用も目指す。 同社はエンジン部品と工作機械が主力で、2...
222Picks
パナソニック、メガネのつるに搭載も--直径3.5mmの超小型リチウムイオン電池
CNET Japan
|
パナソニックのオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、直径3.5mmのピン形リチウムイオン電池を開発したと発表した。円筒形二次電池として業界最小サイズになる。
214Picks
なぜトヨタはPHVで攻めるのか。新型プリウスの日本仕様を初公開
ニュースイッチ
|
トヨタ自動車は15日に開幕した「スマートコミュニティJapan2016」で新型プラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」(日本仕様)を初公開した。 大容量リチウムイオン二次電池を搭載し、電力での航続距離を60キロメートル以上(従来車は26・4キロメートル)へ引き上げを目指す。ハイブリッド燃費目標値はガソリン1リットル当たり37キロメートル(JC08モード)。同車は世界で初めて、ルー...
161Picks
パナソニックが通期予想を下方修正、中国事業など悪化
Reuters
|
[東京 3日 ロイター] - パナソニック<6752.T>は3日、2016年3月期の連結業績予想を下方修正した。中国におけるエアコンやデバイス事業、ICT(情報通信技術)向け二次電池事業などの悪化を織り込んだ。
121Picks
燃えない電解液、高性能で長寿命の二次電池に道
ニュースイッチ
|
東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、発火の可能性がない電池用電解液を開発した。200度Cまで引火点を持たず、200度C以上になると、引火点や発火点を迎える前に、消火剤として機能する蒸気を発
121Picks
三洋電機が事実上の消滅鳥取の子会社をファンドに売却
産経ニュース
|
パナソニック子会社の三洋電機は11日、電子機器を生産する子会社の三洋テクノソリューションズ鳥取(鳥取市)の全株式を3月末に投資ファンドのジェイ・ウィル・パートナーズ(東京)に売却すると発表した。売却額は非公表。三洋テクノは三洋電機にとって最後の生産子会社で、売却によりカーナビや2次電池などで数多くのヒット商品を生み出した三洋電機は事実上、消滅する。三洋製品のアフターサービスなどのため、登記上...
120Picks
第1回 技術と知財で勝る日本が世界でなぜ勝てないのか
日経テクノロジーオンライン
|
液晶パネル(LCD)、DVD プレイヤー、リチウムイオン2次電池、カーナビゲーションシステム。一見関係ない製品群を並べているように思えるかもしれないが、これらには1つの共通点がある。かつて日本企業…
85Picks
やっぱり村田とガチンコ、TDKが全固体電池を量産
ニュースイッチ
|
TDKは21日、2018年4月をめどにセラミック全固体電池を量産すると発表した。量産化は世界初とみられる。電解液を使用していないため、リチウムイオン二次電池と比べ安全性が高い。1時間当たりの放電容量
23Picks
電池劣化を稼働中に把握、JAXAが衛星・EV管理用に開発
ニュースイッチ
|
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の内藤均主幹研究開発員らは、作動させたまま充電式電池の劣化状態を把握できる手法を開発した。充電時に膨らみ、放電すると元に戻るリチウムイオン二次電池の性質に着目。電池をセンサーで挟み、その圧力値から電池内部の状態を調べる。稼働中の電池の劣化状態などをリアルタイムで測定する手法は珍しい。宇宙衛星や電気自動車(EV)などの電池の管理に活用できる。 研究グループは、充...
44Picks
EVの走行距離を2倍にする夢の電池とは - 2030年実用化までの長い道のり
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
情報機器から電気自動車まで、幅広い分野で用いられるリチウムイオン2次電池。それを遥かに凌ぐ性能を持った次世代電池、リチウム空気電池…
75Picks
「ギャラクシーノート7」問題、日本の素材メーカーにも波及か
ニュースイッチ
|
韓国サムスン電子の最新スマートフォン「ギャラクシーノート7」の電池異常問題が、日本の素材産業へ波及している。問題のリチウムイオン二次電池を製造したとされる同サムスンSDIに、日本メーカーもセパレータ
61Picks
TDK、次世代型二次電池量産へ 1000億円設備投資
日刊工業新聞電子版
|
TDKは次世代型リチウムイオン二次電池の量産に向け、2018―20年度の3年間に累計1000億円程度の設備投資を実施する。現在はスマートフォン向けの小型の長方形電池が主体だが、電動...
二次電池 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
インドネシア
ベトナム