新着Pick
SPD2A1DHJCOQBHEY
SNS
JPN

SNS 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Web上で社会的ネットワークの構築を促進するサイトであり、ユーザープロフィール・検索、日記機能、コミュニティ機能等を有するもの)を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
【フェイクニュースを超えて】 SNSのうわさのせいで焼き殺され、メキシコの小さな町で
BBCニュース
|
メキシコの小さな町で、ソーシャルメディア発のうわさが集団リンチと殺人につながった。しかしそのうわさは、デタラメだったのだ。
19Picks
「子連れで美術館」は親のエゴなのか?
LIMO
|
さまざまなところで疎まれることも多い、小さい子どもを連れての外出や施設の利用。電車内や公共施設での子連れでの振る舞いなどは、SNSなどでもたびたび話題に上りますよね。中でも、特に美術館のような「静かに過ごすのがマナー」というようなところでは、子連れ客に対して厳しい意見も多いようです。
22Picks
ディズニー実写映画『ダンボ』、ポスター旭日旗論争…ネットユーザーの間で炎上:時事ドットコム
時事ドットコム
|
ディズニーの映画『ダンボ』のポスターが旭日旗論争に巻き込まれた。ディズニーは14日、公式ユーチューブとSNSを通じて『ダンボ』のポスターを公開した。ポスターには実写映画化された登場人物と共に主人公… 全文表示(2018/11/16-17:09)関連ニュース少女時代ティファニー、「旭日旗SNS」に公式謝罪 「心配おかけして申し訳ない…深く反省中」旭日旗に覆われた英誌「トップギア」の表紙、「無概...
565Picks
ほとんどの「人脈」は、いざというときに役立たない
LIMO
|
有名人からごく普通の人まで、SNSなどを誰もが使う時代。通常なら出会うことのないような人とでも、いまでは簡単につながることができるようになりました。ただ、そんな時代に目立つのは、自分がいる業界内外で、さまざまな人物と「人脈」をつくることで、あたかも自分が「すごい人」になったかのように振る舞う人。これは、とくに就職を控えた大学生や、若手の社会人に多いようです。この記事では、『孤独 ひとりのとき...
228Picks
トイレふいた布で食器まで 中国五つ星ホテルの実態暴露
朝日新聞デジタル
|
世界的な五つ星ホテルの清掃員は、客が使ったタオルでコップもトイレも拭いていた――。中国の著名なネットユーザーが高級ホテルの清掃の実態を動画付きでSNS上に暴き、衝撃が広がっている。ホテル側は事実関係…
14Picks
最新!年代、性別毎に主要SNS3つの利用率をまとめてみた
Gudeful
|
企業や店舗がsnsを使って広告、宣伝をする上で気をつけなければならないのがどこのユーザー層に絞るかです。今回は各年代の利用率を主要で使われているsns別に
68Picks
中国版Facebook「人人網」が2000万ドルで事業譲渡、株価1.97%増
36Kr Japan
|
中国のSNS黎明期に「中国版Facebook」として人気を博した「人人網(renren.com)」について、運営元の人人公司(Renren)は、2000万ドル(約23億円)で事業譲渡すると発表した。譲
515Picks
ブランド戦略から“炎上”対策まで――ホンダが広報にAI導入、その効果は?
ITmedia エンタープライズ
|
SNSや口コミサイトなどのWeb上の情報やマスメディアの情報から、消費者の声を拾い、AIが約1300種類に分類する――日立製作所が発表した「感性分析サービス」は、もともと本田技研工業の広報が抱えていた課題を解決するために開発されたものだった。
27Picks
SNSマーケはユーザー行動分析にあり。企業のマーケターが持つべき「メディア」の捉え方 « SNSマーケティングの情報ならソーシャルメディアラボ【Gaiax】
SNSマーケティングの情報ならソーシャルメディアラボ【Gaiax】
|
ソーシャルメディアラボではFacebookやTwitter、Instagram、Pinterestなど様々なSNSの情報を発信してきました。なかでも、「ソーシャルメディアマーケティング」や「SNSマーケティング」といった概念は明確な定義がなく、企業のマーケターにとって最適解が見つかりづらい領域だといえます。
11Picks
林修、人脈という言葉は「人を金儲けの道具として見ているから出てくる言葉」 SNSが損得ありきの人脈作りを加速していると指摘
キャリコネニュース
|
11月11日の『林先生が驚く初耳学!』(TBS系)で、林修氏は「人脈なんて言葉を使ってるやつはクソ」と発言した。林氏は「あるデータによりますと、社会人の8割以上が『人脈が必要だ』と感じている。しかも、その必要性の高い人脈は、社内から社外に広がっていく傾向がある」と紹介。 「『社会に出て人脈を広げる』と言っている人がいるが、よく考えてみると、人のことを金儲けの道具として見ているから出てくる言葉...
97Picks
ミスド・ピカチュウドーナツ、一部でプレ販売中止も? 顔の「個性」がSNS話題...16日発売は予定通り
J-CASTニュース
|
ミスタードーナツが現在プレ(先行)販売を行っている「ピカチュウドーナツ」だが、SNSを通じて大きな話題を呼ぶ一方で、ちょっとした混乱も起きているようだ。本販売は2018年11月16日予定だが、一部店舗では先週末からプレ販売がスタート。ところが「ピカチュウの顔が店舗によって違う」とツイッターで話題に。そんな中で、店舗によってはプレ販売をストップするところが出た、という情報が飛び込んできた。
187Picks
「いいね!」が一番獲得できる画像を自動的に選出!SNSマーケティングのAI活用最前線に迫る
MarkeZine
|
「MarkeZine Day 2018 Autumn」1日目に行われたライトニングトーク。同セッションに登壇したコムニコの長谷川直紀氏とNHN テコラスの高橋智貴氏は、両社が共同で開発を進める、AIによるInstagramのいいね!数予測を紹介した。
67Picks
新作PRはSNS駆使 劇場映画「ドラえもん」が狙う客層は誰か
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
「ドラえもん」の劇場用映画39作目となる新作「のび太の月面探査機」(八鍬(やくわ)新之介監督、藤子・F・不二雄原作)が来年3月1日に全国公開されることが決まった…
17Picks
カスタマー・エンゲージメントを実現する、注目の営業支援ツール26選
Forbes JAPAN
|
技術もツールも日進月歩。企業を強くするツールは、そのものがビジネスシードでもあります。<ソーシャルメディア>ユーザーの可処分時間の大半を占めるSNSは、いまや最大の広告戦場。この戦場での戦い方を知らずにいれば、狙った顧客に商品を知ってもらう・・・
20Picks
【EC×若者】Vol.2「商品認知と購買行動」に関する調査
ECのミカタ
|
TOPICS ・EC利用者の商品購入時の利用デバイス ・SNSがきっかけとなった商品購入経験 ・商品認知から購入に至るまでの行動 ・EC上での衝動買い経験とそのシーン ・ECと店頭で異なる購入商品ジャンル | ECのミカタは、ネットショップ運営を支援するネットショップ専門のポータルサイトです。
27Picks
有名人と1対1で話せる動画配信アプリ「SUGAR」が2.1億円調達
TechCrunch Japan
|
双方向動画配信アプリ「SUGAR」などを提供するSUGARは10月12日、ジャフコを引受先とした2億1000万円の資金調達を発表した。 SUGARは、ライブ配信により有名人と双方向のコミュニケーションが図れるアプリ。最近ではInstagramなどのSNSを通して有名人が自身のプライベートなどを公開するようになったが、SUGARでは特徴的なUIにより、憧れの有名人と実際にテレビ電話しているよう...
288Picks
大規模調査でわかった、ネットに「極論」ばかり出回る本当の理由
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
「SNS利用はユーザの意見の極端化に影響を与えない」という研究結果が話題だが、実際にはネットには極端な意見が氾濫しているように思われる。日米での実際のアンケート調査や韓国の例などを見ることで、「極端な意見の人ほどネットへの書き込みの量が多い」という事実がネット世論を決定していることを明らかにする。
13Picks
『インスタ流行語大賞』が発表。「いいアゴ乗ってんね」や「フッカル」あなたはいくつ分かる?
ハフポスト日本版
|
2018年の「インスタ流行語大賞」が選出された。SNSマーケティングを手がけるパスチャーが11月12日、発表した。 同社が持つ約40万語のInstagram上の検索データの中から、投稿回数などを基に、ハッシュタグに多く使われた単語を抜粋。Google上での検索回数などで分析し、人気のある20ワードを「インスタ流行語大賞」として選出している。 「なんちゃってダンス」を始め、2018年に女子中高...
41Picks
SNSの利用を制限すると孤独感と鬱病が減少。ペンシルバニア大の心理学者が発表
Engadget 日本版
|
ペンシルバニア大学の心理学者Melissa G. Huntが、SNSと幸福感についての因果関係に関する調査結果を発表しました。それによると、SNSの使用を制限することで孤独感が大幅に減少したとのことです。 Instagramを筆頭に、LINEなどのソーシャルメディアは若者に広く浸透し、無くてはならないものになっている一方、SNS上でのいじめや、いわゆる「SNS疲れ」なども問題視されています。...
SNS 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
マレーシア
タイ