新着Pick
SPD2A1DHJCOQBHEY
SNS
JPN

SNS 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Web上で社会的ネットワークの構築を促進するサイトであり、ユーザープロフィール・検索、日記機能、コミュニティ機能等を有するもの)を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
30Picks
旅行中のスマホ利用時間、日本人は1日平均1.9時間、SNSでの旅行体験シェアは世界平均に比べ半分の20% -Hotels.com調査
トラベルボイス
|
ホテルズ・ドットコム(Hotels.com)は「スマートフォンと旅行に関する調査」を実施し、日本人旅行者とスマートフォンの関係について結果を発表した。 これによると、日本人旅行者の78%が旅行に持っていきたいものに「スマートフォン」を選択。旅行ガイドブック(24%)よりも高い結果となった。また、「スマートフォンのおかげで旅行先や宿泊、アクティビティを気軽に決めることができ、活発に旅行できるよ...
15Picks
米国で高給の職業トップ12 年収6600万円超で1位は「神経外科医」
Forbes Japan
|
ビジネス向け交流サイト(SNS)のリンクトインは毎年、ユーザーが申告した情報に基づき、さまざまな職業の給与を調査して、最も高給な職業を特定している。同サイトが発表した最新の報告書からは、医療分野の上位職、特に外科を専門とする職業がいかに多く・・・
7Picks
中国Fintech、平安保険の野望-中国保険市場の最新動向(21)
ニッセイ基礎研究所
|
中国におけるFintech(金融事業とITの融合)といえば、通販大手のアリババや、SNSに強みを持つテンセントといったIT関連企業が注目されがちである。しかし、もう一方の金融機関-保険会社も2015年以降、その評価...
7Picks
結婚などのライフイベント、報告は直接よりもSNSで--米調査
CNET Japan
|
ソーシャルメディアに関する米企業の調査によると、ユーザーがライフイベントを共有する方法として「ソーシャルメディア」が「直接伝える」を上回る結果となった。
110Picks
ホリエモン、小室不倫疑惑報じた「週刊文春」を痛烈批判「調子に乗って部数稼げるって思い込んでるだけ。すぐに潰せる」
スポーツ報知
|
ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(45)が20日、自身のツイッターとフェイスブックを更新し、引退を表明した小室哲哉(59)の不倫疑惑を報じた「週刊文春」を痛烈に批判した。 堀江氏は、SNS上で文春への批判の書き込みが数【芸能】
222Picks
「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
ITmedia マーケティング
|
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アーリーアダプターの間ではTwitterやFacebookの「次」を担うSNSかと注目されたこともあったが、その後のビジネス展開はどうなっているのか。
7Picks
アプリ界の「アプデ王」はどのアプリ? 9ジャンル70アプリの「アップデート回数」まとめ2017。
note(ノート)
|
2017年のアプリのアップデート回数を、カテゴリ別に9ジャンル(約70アプリ分)から調べてみました。 もちろん「アップデート回数が多い=必ずしも絶対的に良い」ではないと思いますが、今回はあえてそこに注目してみました。 集計期間:2017.1/1〜2017.12/15 集計方法:AppAnnie(にて手動集計) 対象アプリ:約70アプリ(SNS、ニュース、フリマ、マンガ、EC、レシピ、動画、生...
133Picks
楽天のショッピングSNS「ROOM」、初の「隠れヒット商品2017」を発表
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
|
楽天株式会社のプレスリリース(2018年1月16日 16時00分)楽天のショッピングSNS[ROOM]、初の[隠れヒット商品2017]を発表
13Picks
世界6カ国でよく使われるSNSはLINE、Facebook、WhatsAppが3強
Web担当者Forum
|
カーツメディアワークスは、日本を含むアジア、北米、欧州の6カ国の一般消費者を対象に、Web上で「Webメディア・SNSの利用に関する意識・実態調査」を実施し、5,737名から回答を得た。その調査結果を紹介する。
32Picks
人は“いい感じ”に心惹かれる? 雰囲気でモノが売れるときの起・承・転・結とは
ライフハッカー[日本版]
|
『買う理由は雰囲気が9割~最強のインフルエンサーマーケティング~』(福田晃一著、あさ出版)の冒頭には、次のように書かれています。インターネットやインスタグラム、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)などのSNSの発展により、個人が簡単に情報を発信し、賞品を獲得することができるようになりました。今や国内だけで数千万人、海外を含めると数十億人がネット、SNSのアクティブユーザ
13Picks
可処分時間を、いかに「まとめて」とるかの時代へ
note(ノート)
|
現代は、可処分時間の奪い合いだといわれます。 スマホにはSNS、ゲーム、ニュース、ショッピングとあらゆる機能をもつアプリが入り、それぞれが消費者の細切れの時間を奪い合っています。 これからもこの傾向は続いていくと思いますが、競争が激化しすぎた結果、これ以上広告を投下しても費用対効果が見合わないという分岐点がもうすぐそこまできているように思います。 最近話題の動画も、面白くなければ10秒ほどで...
6Picks
クリエイターの才能を輝かせるには、まず「身近な人たち」に発信すること。デザイン組織専属の広報・後藤あゆみの流儀
FullSwing
|
DeNAのデザイン組織"デザイン戦略部"で、専属の広報を務めるのが、今回の主人公である後藤あゆみ。クリエイター向けのイベントを主催したり、ブログやSNS等で情報を発信したり、各種企画を立ち上げたりと、クリエイターを輝かせるための仕事に"フルスイング"してきました。 彼女はどんな方法で、広報活動を成功させてきたのでしょうか。そのノウハウと、DeNAに対する想いに迫ります!
108Picks
コルク佐渡島庸平×ナカヤマン。対談:今、コンテンツに何が起きている?
ビジネス+IT
|
SNSの普及で、誰もがコンテンツを生み出し消費できる時代になった。そんなSNS隆盛の時代では、コンテンツやプロモーションのあり方は大きく変わりつつある。日本が誇る強力コンテンツの一つである漫画も、Web漫画や漫画アプリ、電子書籍や読み放題サービスなどの登場で、そのあり方が変化している。今、コンテンツに何が起きているのか。『バガボンド』(井上雄彦)など大ヒット漫画の編集を担当し、2012年に講...
14Picks
中国、長征3号ロケットの一部が山村に落下。大爆発の様子がSNSに投稿される
Engadget 日本版
|
中国が打ち上げた「長征3号B」ロケットのブースター部分が、四川省西昌市の西700km前後の山村付近に落下しました。 あまり報道はされていないものの、SNSに投稿された動画を見る限りかなり危険な状況だった模様です。長征3号Bは1月11日に打ち上げられ、高分解能商業リモートセンシング衛星「高景1号」の3~4号基を軌道に送り込んだとされます。しかし、その4つのブースターのうちのひとつが山村付近の山...
43Picks
24年間PRに触れて築けたもの、気づけたこと
PR Table
|
テレビや雑誌とのリレーション構築、イベント開催やSNSでの情報発信……派手で華やかな印象のPR業界。業界志望者は増加していますが、話題化するための手法が先行し、PR本来の意義が語られなくなってい...
9Picks
今年もっと流行ってほしいデザイントレンド5選
ギズモード・ジャパン
|
テクノロジーは日々進化し、完成したプロダクトやコンテンツは人々の手元に渡ることによって大きな文化になっていきます。2017年に世間を騒がせたAIやスマートスピーカー、SNSが私たちに与えた影響を振り返り、2018年となった現在どのようなデザインが必要とされるのか考察してみましたよ。
8Picks
大学キャンパス、消える立て看板 SNSで発信主流に
朝日新聞デジタル
|
かつて、立て看板が乱立していた大学のキャンパスが様変わりしている。東京都心の大学では出す際のルールが決められ、立て看板が激減。京都では「景観条例に違反する」と行政指導された。イベント告知などで大学生…
6Picks
ゲームやSNSだけじゃない。未来の生活必需品をつくる ベンチャー企業5選
FastGrow
|
ソーシャルゲーム、SEO対策、Webメディア。ベンチャー企業はこれらの領域で事業展開するものが多いというイメージを抱かれがち。でも実際には家電や電力、それからワインといったように、多くの人に知られ、あるいは生活に古くから溶け込んできたようなものをつくっている企業も多く存在する。そこで今回、そのような製品の製造や事業を手がける企業をFastGrow編集部の独断で集めてみた。
164Picks
第3回:SNSマーケティングを始める前に--「手段」ではなく「ゴール」を明確化
ZDNet Japan
|
第3回では、「いよいよ、うちの会社もSNSマーケティングを始めるぞ!」とやる気に満ちた皆さんに向けて、「まずは決めておきたい」&「考えておきたい」ポイントをざっくり解説する
SNS 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
マレーシア
タイ
インドネシア