新着Pick
SPD1VY4EXIZ3BP2G
建設機械
JPN

建設機械 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
その他産業用機械製造
>
建設機械
油圧ショベル、ホイールローダ、建設用クレーン等、土木・建設作業に使われる機械を製造する企業群。鉱山機械を含む。フォークリフト、動力工具、建設用途以外のクレーンは除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
23Picks
陸自の新型装甲車が白紙に コマツ開発、防弾性能満たさず
共同通信
|
陸自の新型装甲車が白紙に 自衛隊の離島防衛や海外派遣で活用することを目的として、陸上自衛隊への導入を目指していた新型の装輪装甲車の開発計画が、白紙になったことが2日、複数の防衛省関係者への取材で分かった。建設機械大手コマツが開...
19Picks
建機市場、世界は活況も停滞する日本
ニュースイッチ
|
活況が続く世界の建設機械市場で日本市場が停滞している。建機の排ガス規制が強化される前の駆け込み需要に伴う反動減により、建機各社は苦戦を強いられている。ここ数年で顕在化してきた技術者不足の課題も立ちはだかる。海外需要が好調な今、国内事業をテコ入れする必要性が高まっている。国内市場の最前線を追う。 「建機レンタル会社は悩んでいて、(レンタル会社の)購買動向を読みづらい」―。コベルコ建機の三木健取...
16Picks
建機メーカー、10年ぶり活況。海外で稼ぐ
ニュースイッチ
|
世界各地で建設機械の需要が拡大し、建機4社の業績が伸長している。コマツと日立建機、住友重機械工業(建機部門)の2018年3月期売上高が過去最高となった。建機市場がリーマン・ショック前の07年以来、1
11Picks
“ICT建機”、実演が実需につながる!?
ニュースイッチ
|
建設機械各社が情報通信技術(ICT)を活用した建機の実演場を拡充する。コマツは熊本県内に11カ所目となる実演場を月内に開設する。日本キャタピラー(東京都中野区)は愛知県と兵庫県で、ICTを生かした施工の実演を今秋ごろに始める。コベルコ建機も実演場を現在の2カ所から、年内5カ所に増やす。建設・土木業界で高まる情報化施工の需要を取り込む動きが加速してきた。 コマツは九州地方では福岡県に続き、熊本...
12Picks
5G経由で工事用ロボットを遠隔制御 4Gの10倍の伝送速度――ソフトバンクと大成建設が共同実証
ITmedia エンタープライズ
|
ソフトバンクと大成建設は、建設現場における省人化と建設機械の遠隔操作による作業効率化を目的に、5Gを活用した共同実験を実施した。現行の4G通信と比較して、建設機械の制御信号と高画質のカメラ映像を10倍の速度で伝送できることを確認したという。
21Picks
工事全般をIoTでビジネス化する「コマツ2.0」始動
ニュースイッチ
|
設立100年を迎える2021年に向けて、新ビジネスモデル“コマツ2・0”が始動した。コマツは01年に始めた建設機械の稼働管理システム「コムトラックス」でビッグデータ(大量データ)の活用に先鞭(せんべん
18Picks
KDDI、大林組、NEC、国内初の5Gおよび4K3Dモニターを活用した建機の遠隔施工に成功
ZDNet Japan
|
KDDI、大林組、NECの3社は、次世代移動通信システム「5G」と4K3Dモニターを活用した建設機械による遠隔施工を国内で初めて成功したと発表した。
24Picks
「5G」活用で建設機械遠隔操作
ホウドウキョク
|
「5G」の活用で、遠隔操作の作業効率を改善する。 KDDIと大林組、NECは、次世代移動通信システム「5G」を活用して、建設機械を遠隔操作する実験を報道陣に公開した。 通信速度が高速、かつ大容量の5Gを活用することで、作業現場から離れた場所でも高精細な映像を伝送することが可能で、これにより、作業効率が2割程度改善されるという。 また、建設機械に取り付けた4K3Dカメラにより、奥行きなどをより...
37Picks
海洋土木の権力者は「漁組」 マリコンの知られざる世界 
施工の神様 Powered by 施工管理求人ナビ
|
マリコンはゼネコンよりスケールがデカい! マリコンは、陸上のゼネコンよりスケールがデカいのが特徴だ。陸上土木の建設機械で大きいといえば、ブルドーザD11や重ダンプ40t積、トラッククレーン500t吊などであるが、海洋土木業界には、まだまだ巨大なものが存在する。 その代表が起重機船。日本一の起重機船は寄神建設の「海翔」4100t吊。全長120m、幅55m、吊り上げ高さ118m(ビルの40階と同...
34Picks
鉱工業生産速報 12月は予測大幅上回る上昇 7四半期連続増産
Reuters
|
[東京 31日 ロイター] - 経済産業省が31日発表した12月鉱工業生産指数速報は、事前予測を大きく上回る前月比2.7%上昇となった。この結果、10─12月期は前期比1.8%上昇し、7四半期連続の増産となった。普通乗用車や建設機械などがけん引した。先行き生産計画も1月は反動で一服感が出るが、2月に再び大幅な上昇計画となっている。生産は着実に長期拡大傾向を維持しそうだ。
95Picks
経営者ならば、 技術の目利きであれ - DHBR
Diamond Online
|
建設機械メーカー大手のコマツは、約20年前からGPS(全地球測位システム)など先進技術の活用により高い機械稼働率を実現してきたが、大橋徹二氏が2013年に社長に就任して以来、その動きが加速している。業界に先駆けてドローンを測量に使用し、土木工事プロセス全体の3次元データをクラウドで一元管理するなどして、施工効率を飛躍的にアップ。2017年10月から同システムをオープン化し、業界全体での生産性...
270Picks
2025年度には技能労働者130万人減、ゼネコンで進む省人化
ニュースイッチ
|
ゼネコン各社が建設作業にロボットやICT(情報通信技術)などを活用した省人化工法の開発・導入を進めている。複数のロボットや建設機械をシステム化して自動的に作業したり、工場で生産した部材を現場で据え付
18Picks
農業機械のデザインで受賞が相次ぐクボタ。そのこだわりとは?
ニュースイッチ
|
農業機械をはじめとする産業機械で、デザインでの受賞が相次ぐクボタ。長く使われる製品にふさわしく、自社らしいデザインを目指す。現状の取り組みや今後の方針など、東川嘉孝研究開発本部デザインセンターデザインチーム長に聞いた。―デザイン部門の体制は。「トラクターや建設機械などの製品を最初から最後まで一括でみる担当者と、内装やグラフィックといった要素を横断的にみる担当者が連携している。目指しているのは...
353Picks
ブルドーザーが知らせる経済の動き-コマツの稼働データ、統計と相関
www.bloomberg.co.jp
|
ブルドーザーや油圧シャベルは、役所の経済統計より早く経済の動きを教えてくれるかもしれない。建設機械で世界2位のシェアを占めるコマツは建機の稼働状況を示す「KOMTRAX(コムトラックス)」のデータを毎月10日前後に公表、主要経済指標の公開前に投資家にヒントを与えている。
211Picks
【神戸製鋼データ改竄】他部門の不祥事は「人ごと」? 多角化・縦割りで反省共有されず
産経ニュース
|
神戸製鋼所がグループ会社9社による不正を新たに公表したことで、関連会社を含むグループ全体への不信が広がっている。建設機械、プラント製造などへ多角化を推し進め、子会社200社以上を抱える神戸製鋼。しかし関連性の薄い事業が並ぶ縦割り構造が企業統治の機能不全を招き、不正の温床となってきた。
13Picks
建機、再び膨張する中国市場。日本企業は商機逃さず
ニュースイッチ
|
建設機械業界が再び中国市場に熱視線を送っている。活発なインフラ整備に伴って建機需要が膨張。2018年も稼ぎ頭の地域との見方が大勢を占めており、現地で増産の動きが広がっている。中国政府の方針で需要が大きく変動し、業界各社はたびたび翻弄(ほんろう)されてきたものの、収益面で魅惑的な市場であり続ける。低迷を耐えてきた各社の攻勢が始まっている。インフラ整備に買い替え時が重なる 「インフラ工事が確実に...
20Picks
Nvidiaが日本のコマツと提携、AIで建設業を安全に
THE BRIDGE
|
日本の建設機械メーカーのコマツが、人工知能を使って建設現場を安全にする取り組みで Nvidia と協業することになった。 米カリフォルニア州サンタクラ... The post Nvidiaが日本のコマツと提携、AIで建設業を安全に appeared first on THE BRIDGE(ザ・ブリッジ).
196Picks
コマツ、工場IoTを5000工程まで拡大。協力会社も参加し生産改革へ
ニュースイッチ
|
コマツはIoT(モノのインターネット)を活用した生産改善を、自社と協力会社の合計で約5000工程にまで広げる。工場の稼働状況などを見える化するため、2016年度中に15年度比2・6倍となる325台のタブレットを、工作機械やロボットなどの生産設備に配置する。建設機械の需要が低迷する中、IoTを活用した生産の対象を広げ、競争力を高める。 コマツはすでに溶接ロボットに稼働状況を管理する制御装置を取...
21Picks
さらなる「ダントツ」へ、建設現場のデジタル化でイノベーションを加速するコマツ
ITmedia エグゼクティブ
|
創業から100年を迎えようとしている建設機械最大手の小松製作所(コマツ)が、節目にふさわしい「ダントツ」の一手を打ち始めている。同社はこの秋、NTTドコモ、SAPジャパン、およびベンチャー企業のオプティムと共同で新会社「LANDLOG」を設立。建設生産プロセスの全てをデジタル化するイノベーションのためのオープンなクラウドIoTプラットフォームをスタートさせ、「土」「機械」「材料」といった、建...
15Picks
「コマツ vs キャタピラー」 あなたはどっち派?
施工の神様 Powered by 施工管理求人ナビ
|
建設現場に不可欠な建設機械メーカー「コマツ vs キャタピラー」 建設現場に不可欠な機械メーカーと言えば、キャタピラーとコマツの2社を挙げる建設技術者・技能者が多いのではないでしょうか? 説明不要でしょうが、キャタピラーはアメリカに本拠地を置く、世界を代表する重機メーカー。油圧ショベルや、ブルドーザなど建設重機に力を入れており、世界シェアナンバーワンを誇る、言わずと知れた大企業です。 一方、...
建設機械 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア