新着Pick
SPD1U7V9E7WJOJAV
家電量販店
JPN

家電量販店 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
家電・OA小売
>
家電量販店
家庭用電気製品の大量仕入れによる廉価販売を行う小売企業群。但し、パソコン及び周辺機器を専門に取り扱うパソコンショップ運営を主事業とする企業を除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
682Picks
【直撃】あなたが知るべき、中国の顔認識ベンチャーの正体
NewsPicks編集部
|
中国にいる13億の人々は、これまで「センスタイム(Sense Time)」という名前を聞いたことはないだろう。しかしセンスタイムは1日に何度も、彼らの顔をのぞいているかもしれない。もし家電量販店...
38Picks
2018年に最も売れた4Kテレビは? 売れ筋は価格重視から機能重視へ
BCN+R
|
2018年12月1日午前10時に新4K8K衛星放送全国がスタートし、普及の第2ステージに差しかかっている4Kテレビ。家電量販店やECショップからPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、2018年1月1日~12月31日の年間を通して、4Kテレビのシリーズ別の販売台数シェアで1位を獲得したのはソニーの「BRAVIA KJ-43X8000E」だった。
321Picks
PayPay祭り再び? 家電量販店がポイント増量キャンペーン 最大20%還元も
ITmedia Mobile
|
家電量販店が、「PayPay」のキャンペーンを1月20日まで実施。PayPayで支払うと追加ポイントを進呈する。最大20%のポイントが還元される場合も。
36Picks
スマートスピーカーだけじゃない「LINE Clova」の真価とは。トヨタ提携で生まれた可能性を舛田氏が語る【LINEの逆襲】
Business Insider Japan
|
LINEが投資を進める事業の1つが「AI」。同社の代表的な取り組みで言えば、家電量販店でも販売されているスマートスピーカー「Clova」や「Clova Friends」などが挙げられる。 競合では米アマゾンが「Echo」シリーズ、米グーグルが「Google Home」シリーズを展開しており、グローバ...
1127Picks
2018年の大流行、新興スマホ決済『ナントカPay』総まとめ
Engadget 日本版
|
2018年は「スマホ決済」が注目された年。LINEや楽天のような大手事業者がアプリ上で表示されたQRコードを読み取る決済サービスを大々的に展開し、大手コンビニや家電量販店チェーンも相次ぎ対応しました。 極めつけはPayPayが12月に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」。どの支払いも20%還元という大盤振る舞いに、社会現象と言えるほどの熱狂を呼びました。 『Pay』の付くサービスが次...
13Picks
2018年の大流行、スマホ決済「ナントカPay」20選 一挙に紹介
ハフポスト日本版
|
2018年は「スマホ決済」が注目された年。LINEや楽天のような大手事業者がアプリ上で表示されたQRコードを読み取る決済サービスを大々的に展開し、大手コンビニや家電量販店チェーンも相次ぎ対応しました。 極めつけはPayPayが12月に実施した「100億円あげちゃうキャンペーン」。どの支払いも20%還元という大盤振る舞いに、社会現象と言えるほどの熱狂を呼びました。 『Pay』の付くサービスが次...
15Picks
PayPay「100億円還元」“便乗値上げ”疑惑、家電量販店に真相を聞いてみた
ビジネスジャーナル
|
PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」発表(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)  2018年10月よりサービスを開始した新興電子決済サービス「PayPay」が、12月4...
162Picks
大きく重くなり、持ち運びづらくなっていくスマートフォン
BCN+R
|
最近、発売になったスマートフォンで最も気になるのが、高価格帯にシフトしていることだ。パソコンよりも高額な製品が存在するほか、大画面化や重量化が進んでいる。こうした変化を、家電量販店・ネットショップの実売データを集計するBCNランキングをみていくことにする。
490Picks
スマホ決済「PayPay」をビックカメラで使ってみた--還元額や使い勝手は
CNET Japan
|
スマホ決済サービス「PayPay」の「100億円あげちゃうキャンペーン」が12月4日に始まった。どんな商品でも月25万円までなら20%を還元するキャンペーンだが、高額商品を取扱う家電量販店では、どれほどお得に商品を買えるのか。また、PayPayアプリの使い勝手はどうなのか。
38Picks
セール商戦異状あり!Amazon・楽天がPayPayに敗れる?
通販通信
|
12月に入り、デパートや家電量販店、各種ECサイトでの年末セールが盛況だが、今年は例年のセール商戦と異なる様相を呈している。その要因は、ソフトバンクグループがキャッシュレス市場に満を持して投入した新たなスマホ決済サービス「PayPay」の2
11Picks
PayPay、使える店舗が続々登場、決済額20%還元キャンペーン開始
BCN+R
|
PayPayは、スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」で支払うと、決済利用金額の20%相当の「PayPayボーナス」を翌月10日に付与する「100億円あげちゃうキャンペーン」を12月4日に開始した。使える店舗は、飲食店や家電量販店、コンビニ、宿泊施設など幅広い。キャンペーンにあわせて対応を開始する店舗も少なくないようだ。キャンペーン期間は、19年3月31日までとしている。
152Picks
ノジマ、20種以上の言語に対応したイヤホン型の双方向翻訳機の販売を開始
家電 Watch
|
ノジマは、同社の家電量販店全店でイヤホン翻訳機「WT2 Plus」の販売を開始した。価格は24,880円(税抜)。
495Picks
家具はEC化へ!ニトリvsアマゾンが正面から激突、勝つのは?
マネー現代
|
これまでEC化によって、書店、家電量販店、アパレルなどのリアル店舗が大きな打撃を受けてきた。今後さらにEC化による影響を受ける業界はすでに決まっている。ズバリ、家具業界だ。事実、EC発祥の国であり、その最先端をゆくアメリカでは家具のEC化が急速に進みつつあり、あのアマゾンが急ピッチで家具カテゴリーへ力を入れ始めているほどである。その波が早晩、日本に押し寄せてくることは間違いない。その時、日本...
18Picks
「値引き」と「特典品」、消費者がお得に感じるのはどっち?
BCN+R
|
【家電コンサルのリテールマーケティング Vol.13】 今回から家電量販店などで使われているインストア・プロモーションの非価格主導型に入ろう。まずは、代表的な手法の「特典品」について説明しよう。
364Picks
ヤマダ電機が「一人負け」…ケーズとノジマは「絶好調」で明暗のワケ
マネー現代
|
10月18日、家電量販店業界に衝撃が走った。この日、業界大手のヤマダ電機が2019年3月期決算の下方修正を突如発表したのだが、その内容が目を覆いたくなるほど惨憺たるものだったのだ。そんなヤマダ電機とは対照的に、じつはいま家電量販店業界のライバルたちは大活況の様相を呈している。関東圏のケーズホールディングス、ノジマは直近の業績が絶好調。どうして、ヤマダとケーズ、ノジマはここまで明暗がわかれたの...
156Picks
モバイルバッテリー市場が9月に大きく拡大した要因とは?
BCN+R
|
2018年9月、モバイルバッテリーの需要が大きな躍進をみせた。前回、モバイルバッテリー市場が拡大したのは16年7月で、この時は、モバイル端末の位置情報を利用した「ポケモンGO」のサービス開始が大きな要因だった。今回は別の要因であることが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計するBCNランキングから明らかになった。
29Picks
iPhone版ウイルスバスター、買ってもインストールできない状況が続く
BCN+R
|
【日高彰の業界を斬る・30】9月21日、家電量販店のスマートフォン売り場はiPhone新モデルの発売に沸いていた。しかし、売り場に多数並ぶスマホ関連商品の中、トレンドマイクロのセキュリティソフト「ウイルスバスター モバイル」は深刻な問題を抱えていた。購入しても、iPhoneへのインストールができないのだ。 (以下、本稿は9月21日時点の情報に基づき執筆)
10Picks
新型iPhoneの初速、一世代前とほぼ同等の売れ行き
BCN+R
|
「iPhone XS/XS Max」が9月21日に発売となった。「iPhone 7/7 Plus」発売の2016年以降、アップルから全世界での初動に関する公式リリースが発表されず、動向はつかめなくなった。そこで家電量販店・ネットショップの実売データを集計するBCNランキングを使い、「iPhone 7/7 Plus」以降の日本国内での動向を比較してみた。
253Picks
家電量販店の“最安値保証”は実はライバル店への「脅し」だった
ダイヤモンド・オンライン
|
昨年秋、小売り大手が相次いで値下げをしたことは記憶に新しい。労働力不足で人件費が上昇しつつある中での値下げだから「過当競争」である可能性が大きい。なぜ過当競争が起きるのか。その理由を考えてみよう。
465Picks
ヨドバシ・ドット・コムが送料無料を貫いても大成功している理由
ダイヤモンド・オンライン
|
家電量販店大手ヨドバシカメラのEC事業「ヨドバシ・ドット・コム」が好調だ。2017年3月期にはEC売上高1000億円を突破し、全体の売上高構成比15%を超えた。快進撃を続ける要因について、EC事業を統括する藤沢和則副社長に聞いた。
家電量販店 概要
日本
中華人民共和国
台湾
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア