新着Pick
SPD00YBQWGGGEVQK
半導体(メモリ)
ALL

半導体(メモリ) 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
半導体(メモリ)
DRAM、フラッシュメモリ等、各種情報の記録を目的とした半導体を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
50Picks
ビッグデータ時代到来、恩恵は斑模様の半導体業界 爆発する半導体メモリ市場と製造装置市場(前編)
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
本格的なビッグデータ時代が到来した。半導体の種類ごとの月額売上高をグラフにしてみると、2016年以降、メモリ市場が、ほぼ垂直に立ち上がっている。
2Picks
東芝、11axの特性を実現する1チップICを開発、電子レンジなどの干渉源も素早く判別 新開発の低雑音動作と通信干渉の回避技術を実装
INTERNET Watch
|
株式会社東芝、東芝デバイス&ストレージ株式会社、東芝メモリ株式会社の3社は、IEEE 802.11axのドラフトに対応したアクセスポイント向け1チップICを開発し、米国サンフランシスコで開催中の半導体回路国際会議「ISSCC2018」で発表した。
14Picks
半導体業界のM&A、2017年は大幅減少
EE Times Japan
|
IC Insightsによると、2017年における半導体業界のM&Aは過去2年に比べて大幅に減少したという。買収額が10億米ドルを超えたものは、東芝メモリとCaviumの2件だけだった。
8Picks
【福田昭のセミコン業界最前線】 「メモリ無双」が引き起こした半導体ランキングの下剋上
PC Watch
|
半導体ベンダーの売上高トップ企業が25年ぶりに交代した。ハイテク関連の市場調査会社のいくつかは、定期的に半導体ベンダーの売上高ランキングを発表している。そのなかでもっとも影響力が高いのが、Gartner(ガートナー)が毎年1月に発表しているランキング(速報値)である。同社は今年(2018年)1月4日(米国時間)に、2017年における半導体売上高のトップ10社を発表した。
12Picks
中国の半導体メモリ製造戦略は今後どうなる? - TrendForce
マイナビニュース
|
台湾の市場動向調査企業TrendForceは12月21日、中国半導体産業の分析レポートを発行し、その中で、国策で半導体、とりわけメモリの国産化に乗りだしていると報じた。
3Picks
東芝メモリ売却、最高益記録の中、株主からは見直し待望論も浮上
Bloomberg.com
|
半導体子会社「東芝メモリ」の売却手続き中の東芝が14日、2017年10-12月期の連結決算を発表する。メモリー事業がけん引し上期(同年4-9月)の営業利益は過去最高を記録した。債務超過回避のため急いで売却を決めた虎の子を巡り、一部の株主からは売却見直しへの待望論も浮上している。
51Picks
村田製作所が挑む「メトロサーク」という難所
電子デバイス産業新聞(旧半導体産業新聞)|電子デバイス新潮流~専門記者の最前線レポート
|
2017年度上期(4~9月)決算で、半導体・電子部品メーカーの業績は総じて堅調なものであった。中国スマートフォン(スマホ)の回復が遅れていることで、一部で需要が低迷した分野もあったが、メモリーを筆頭に半導体は空前の好景気に沸いた。電子部品は中国スマホの調整を受けたが、Appleの新機種需要や車載・IoTといった新市場の台頭に支えられ、好決算が目立った。
2Picks
東芝、半導体売却で営業益予想ゼロに 存続懸念は脱却と説明
Reuters
|
[東京 14日 ロイター] - 東芝<6502.T>は14日、2018年3月期末の株主資本が4600億円のプラスになる見通しと発表した。昨年12月実施の6000億円の資本増強などにより債務超過解消が確実になり、企業存続への懸念を示す「継続企業の前提に重要な疑義」を持たれる状況から抜け出したと説明している。一方で、半導体メモリー事業の売却予定に伴い、通期営業利益予想を従来の4300億円から収支均衡(利益ゼロ)に下方修正、来年度以降の収益構造に不安を残す格好となった。
21Picks
キヤノン、200mm対応の露光装置販売 IoTや車載向け半導体の最適な製造
財経新聞
|
キヤノンは11日、メモリー・ロジック・イメージセンサーなどIoT・車載向け半導体デバイスの量産において定評のあるi線半導体露光装置「FPA-5550iZ2」とKrF半導体露光装置「FPA-6300ES6a」に対応する“200mmオプション”を同日より発売すると発表した。
66Picks
東芝とウエスタンデジタル和解の見通し、訴訟取り下げへ-関係者 (2)
Bloomberg
|
(Bloomberg) --東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐって法廷闘争に発展していた東芝と米ウエスタンデジタル(WD)が、和解する見通しとなった。WDが国際仲裁裁判所や米カリフォルニア州の裁判所で起こしていた訴訟を取り下げる。事情に詳しい複数の関係者が明かした。
43Picks
東芝とWD、和解で大筋合意 半導体売却の対立解消
朝日新聞デジタル
|
東芝と米半導体大手ウエスタンデジタル(WD)が、東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐる対立を解消し、和解することで大筋合意したことがわかった。東芝は資本増強決定で債務超過の解消にめどをつけた…
44Picks
Samsungが設備投資費を倍増、中国には痛手か
EE Times Japan
|
DRAMの強いニーズを受け、Samsung Electronicsは半導体設備投資費を拡大する。2016年の113億米ドルから倍増し、2017年は260億米ドルとなる見込みだ。メモリに力を入れる中国にとっては、Samsungとの差がさらに大きく開く可能性もある。
1Pick
【イベントレポート】 【ISSCC 2018前日レポート】世界26カ国/地域から半導体研究の最新成果が集結
PC Watch
|
最先端半導体チップの研究開発成果が公表される、世界最大の国際学会「ISSCC(International Solid-State Circuits Conference)」が今年(2018年)も、米国カリフォルニア州サンフランシスコで始まる。会場は例年と同じく、ダウンタウンのMarriott Marquisホテルである。プロセッサやメモリ、ミックスドシグナル、無線通信、有線通信、人工知能、バ...
3Picks
微細化の減速、補うには新アーキテクチャに期待
EE Times Japan
|
「DesignCon 2018」で、IntelやArm、AMDの幹部らが、半導体プロセスの微細化などをテーマにパネルディスカッションを行った。微細化のスピードの減速を補うには、新しいコンピュータ/メモリアーキテクチャに期待したいと述べる。
755Picks
【完全解説】教養としての、日本の半導体「栄枯盛衰」の歴史
NewsPicks編集部
|
連日、報道が続く「東芝メモリ」の売却報道。このニュースをより深く理解するためには、東芝の不正会計だけではなく、かつて世界を席巻した「日の丸半導体」の歴史を知ることが重要だ。IoT時代で、半導体が...
15Picks
東芝が6000億円の第三者割当で債務超過解消へ、旧村上F筆頭株主
www.bloomberg.co.jp
|
東芝は19日開催の取締役会で6000億円の増資を決議した。2018年3月末段階で債務超過を脱しなければ上場廃止となる恐れがあったため、半導体メモリー事業売却完了の有無にかかわらず、財務体質改善を目指し万全を期す。増資をてこに収益力の強化にも力を入れる方針だ。
半導体(メモリ) 概要
世界
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール