新着Pick
SPD2M02UR1LDHVPR

株式会社 東芝

概要
東芝は製品の製造からサービスに至るまでの間に、多岐に渡る子会社や関連会社を形成しており、東芝グループの中核に位置する巨大企業である。東芝の事業はテレビや半導体などの他にも、原子炉・重電機・軍事機器・鉄道車両など、重工業分野にも事業展開をしており、大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角と呼ばれ、世界的知名度を誇っている。

冷蔵庫・洗濯機・掃除機・電子レンジ・炊飯器など、家電製品の国産化第1号の製品が多く(電子レンジと炊飯器以外は1930年代に開発された)、白物家電の日本におけるパイオニアであった。だが、2015年に発覚した粉飾決算事件を契機とし2016年に白物家電事業は一部株の売却によりブランドのみとなり、医療機器事業は売却された。

電機メーカーとしては、最初に委員会設置会社に移行した企業でもある(移行した2003年当時は、委員会等設置会社。現在の指名委員会等設置会社)。委員会設置会社となってからは、会長は代表権を有さない取締役会長となっていたが、2016年6月より代表執行役会長を新設した。歴代の社長ら役員は、財界活動に積極的であることも知られている。石坂泰三(第4代社長)と土光敏夫(第6代社長)が経済団体連合会会長に就任し、岡村正(第14代社長)が日本商工会議所会頭に就任するなど、財界四団体のトップを輩出している。そのほか、西室泰三(第13代社長)は日本経済団体連合会のナンバー2である評議員会議長に就任し、佐々木則夫(第16代社長)が現役社長の頃から内閣府経済財政諮問会議議員に就任するなど、日本の政財界に強い影響力を及ぼしている。特に石坂泰三は「財界総理」との異名を持つほどの影響力を誇り、東芝が財界で重きをなす礎を築いた。

ブランドタグラインは「 Leading Innovation>」(2006年10月2日制定)。

東芝は、三井グループの構成企業であり、二木会(三井グループ傘下各社の社長会)・月曜会(三井グループ各社の役員間の相互親睦と情報交換を目的とする会合)・三井業際研究所・綱町三井倶楽部に加盟している。
代表者
代表執行役社長 綱川 智
設立年月日
1875-07
従業員数
152,364 人
上場年月日
1949-05-14
平均年齢
43 歳
平均年収
8,275,000 円
上場市場
東証監理ポスト,名証監理ポスト,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
222Picks
東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める
時事通信社
|
 東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。提携する米ウエスタンデジタル(WD)の反対で売却交渉が難航しているほか、東芝メモリが東芝全体の営業利益の9...
42Picks
インタビュー:東芝の限定付適正意見、異例で慎重に検討=あらた代表
Reuters
|
[東京 21日 ロイター] - 東芝<6502.T>の監査を担当しているPwCあらた監査法人の木村浩一郎代表執行役は21日、ロイターの電話インタビューに応じ、東芝の財務諸表への限定付適正意見について「非常に異例であり、法人内で慎重に検討した」と述べた。
8Picks
東芝、電通、DeNA ―不祥事企業に共通する「美意識」の欠如 --- 内藤 忍(アゴラ)
Yahoo!ニュース
|
久しぶりに骨太のビジネス書を読みました。山口周氏の「世界のエリートはなぜ「美意識 - Yahoo!ニュース(アゴラ)
25Picks
量子計算機でも解読困難 北海道教育大学らが新方式の公開鍵暗号開発
大学ジャーナルオンライン
|
量子計算機でも解読が困難な新しい原理に基づく公開鍵暗号が、北海道教育大学、九州大学、産業技術総合研究所と株式会社東芝の共同研究により開発された。量子計算機でも計算が困難と期待される非線形不定方程式の最小解問題に基づいた構成で、この領域で有力とされてきた格子暗号と同等またはそれ以上の安全性と計算効率性が期待できるとしている。 現在、大手IT企業や政府の大規模な投資により量子計算機の開発が急ピッ...
157Picks
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
サンスポ
|
プロバスケットボール男子・Bリーグ1部(B1)の川崎ブレイブサンダースを運営する東芝が、チームの譲渡に向けた交渉を行っていることが16日、明らかになった。有力な売却先となっているのがプロ野球・DeNAの前球団社長、池田純氏(41)を中心とするグループ。大手エンターテインメント企業などが出資に名乗りを上げており、池田氏は新オーナーとして横浜に続いて今度は同じ神奈川県の川崎市をスポーツで盛り上げ...
9Picks
<福島第1>ロボット内部調査、徹底した訓練で「200%の成功」東芝技術者に聞く
河北新報オンラインニュース
|
東京電力福島第1原発3号機で7月末、原子炉格納容器の内部調査の結果、溶融燃料(燃料デブリ)とみられる物体が水中ロボットによって初めて映像で捉えられた。ロボット開発と調査を担った東芝の技術者2人は、河北
9Picks
芝浦一丁目に開発する大型複合施設、建築家の槇文彦が設計
Fashionsnap.com 最新記事
|
野村不動産、NREG東芝不動産、東日本旅客鉄道が、共同で推進している「(仮称)芝浦一丁目計画」の整備方針を発表した。設計は、幕張メッセや代官山ヒルサイドテラス、ニューヨークの4ワールドトレードセンターなどを手掛けた建築家の槇文彦が担当する。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
24Picks
浜松町の東芝ビル建て替え 高層ツインタワー建設へ
ITmedia ビジネスオンライン
|
JR東日本や野村不動産など3社が、東京・浜松町エリアの整備計画の詳細を発表。東芝ビルを建て替えを含めた再開発を実施し、高さ約235メートルのツインタワーを建設する予定。
9Picks
監査法人の「強制交代制」検討 金融庁、東芝不正会計問題を教訓に
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
金融庁が、監査法人について特定企業を長く担当しないよう一定期間で交代させる強制ローテーション制度(交代制)の導入について検討を続けている。背景には監査法人内で担当の公認会計士の交代を義務付けた現行のパートナーローテーション制度が東芝の不正会計を防げなかった反省や、欧州連合(EU)などが導入に踏み切ったことがある。ただ、監査法人や企業には否定的な意見も根強く実現のハードルは高い。
20Picks
東芝監査をめぐる混乱は、受任したPwCに重大な責任~「真の第三者委員会」で“東芝をめぐる闇”の解明を - 郷原信郎
BLOGOS - 最新記事
|
会社と監査法人が対立したままの有報提出という「異常な結末」8月10日、東芝は、2017年3月期の有価証券報告書を関東財務局に提出した。同報告書には、会計監査人のPwCあらた監査法人の監査報告書が添付され、そこには、17年3月期の財務諸表について「限定付き適正」、内部統制に関する監査には「不適正」とする監査人意見が、それぞれ表明されている。4月11日に、2016年度第3四半期レビューについて、...
13Picks
瀕死の東芝より先に死にかねない、監査法人の「危うい体質」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
東芝が提出した有価証券報告書に、「限定付き」ながら、監査法人が適正意見を与えた。粉飾決算の可能性に目をつぶったこの「譲歩」は、大きな問題を孕んでいる。
250Picks
東芝、赤字9656億円…国内製造業で最大規模
読売新聞
|
東芝は10日、確定作業が大幅に遅れていた2017年3月期の有価証券報告書(有報)を金融庁に提出した。
176Picks
東芝決算に限定付き適正意見 上場廃止はひとまず回避
産経ニュース
|
経営再建中の東芝は9日、平成29年3月期決算を含む有価証券報告書(有報)を、10日に関東財務局に提出すると発表した。PwCあらた監査法人は9日、「限定付き適正」の監査意見を表明することを決め、有報をめぐる対立は事実上、決着した。あわせて東芝は29年4~6月期の四半期報告書も提出し、決算を公表する。
40Picks
東芝監査、「玉虫色」の決着 上場廃止回避にはなお課題
Reuters
|
[東京 10日 ロイター] - 海外子会社の損失を巡る東芝と監査法人PwCあらたとの対立は、あらた側が決算は「限定付き適正」、内部統制は「不適正」との判定を下し、一応の決着をみた。東芝にとっては上場廃止回避への前進だが、「適正」と「不適正」を併記した異例の監査結果を「玉虫色」(大手行幹部)と冷ややかに受け止める見方もある。上場維持の鍵となる半導体売却交渉が膠着する中、同社の経営の先行きにはなお曲折の懸念が消えていない。
152Picks
東芝決算の監査意見、財務情報「限定適正」 内部統制「不適正」=関係筋
Reuters
|
[東京 8日 ロイター] - 東芝<6502.T>の2017年3月期決算で、10日が提出期限となっている有価証券報告書に関して、監査担当のPwCあらた監査法人が、財務情報に対しては「限定付き適正」とする一方、内部統制については「不適正」との意見を表明する方向で調整に入った。複数の関係筋が8日、明らかにした。
36Picks
東芝:メモリー売却、日米韓連合以外とも交渉-有報は「限定適正」 (1)
Bloomberg
|
(Bloomberg) --東芝は10日、先送りしていた前期(2017年3月期)の有価証券報告書を提出した。綱川智社長は、残された大きな経営課題は債務超過解消のためのメモリー事業売却のみとなったとの認識を示し、優先交渉先に決めた産業革新機構などの「日米韓連合」以外とも協議を進めていることを明らかにした。
41Picks
東芝 営業益黒字化、次期 大幅増益見通し
xenoFlash - AI決算分析
|
2017年3月期 通期 決算発表時刻 2017年08月10日 11:30 自動生成時刻 2017年08月10日 11:31
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ