新着Pick
SPD1ZG977H9LM10M

ユニー・ファミリーマートホールディングス 株式会社

株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部などに上場されている大手流通企業、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社。 ウィキペディア
東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
03-3989-6600
詳細を見る
概要
1973年、西友ストアー(現:西友)が、埼玉県狭山市内にCVSの実験店舗を開設。76年にはCVS事業をファミリーマートと命名しFCオーナーの募集を開始。1978年には船橋市内にFC1号店が開業する。そして81年には、西友から独立し株式会社ファミリーマートが発足した。従業員約100名は、全員西友ストアー出身者であった。店舗僅少時から受発注システムの開発に力を入れ、80年には西武情報センター(現:セゾン情報システムズ)、富士通と共に構築にあたったオンラインシステムであるファミリーラインが稼働を開始している。また87年12月には、セゾングループとして5社目となる株式公開を果たし東証2部に上場している(89年同1部に指定替え)。

ファミリーマートは、地方の有力企業との提携による合弁方式で営業責任を負う、エリアフランチャイズを積極的に進めたことが下支えとなり、バブル経済崩壊後にも堅調に成長を続け、90年代半ばにはセブンイレブン、ローソンに次ぐ業界3位の地位を固めた。

米国企業との提携で発足したセブン-イレブン等と異なり独自にチェーンシステムを開発し、CVS事業を立ち上げたため営業エリア展開に縛りがなく、比較的早くからアジア各国に地元企業と合弁で進出している。以前はCVS専業ではなくフランチャイズビジネスの新業態開発もしていた。

1994年、親会社であった西友のノンバンク子会社であった東京シティファイナンスの再建にあたって、整理資金捻出のため、西友が所有していたファミマ株を海外ファンド等への放出を開始し、98年2月には、渡辺紀征西友社長(当時)から丹羽宇一郎伊藤忠商事副社長(当時)に対し、ファミマ株の買い取りを申し入れ。旧法人初代社長の沖正一郎をはじめ西友子会社時代も含め、旧法人の歴代社長はすべて同社出身であった(初代法人が社名を変更した、ユニー・ファミリーマートホールディングスがこの流れを継承。現法人は、社名をファミリーマートに改名して以降に限定しても、伊藤忠に一時在籍したことがある澤田貴司が就任したのみで、伊藤忠から派遣された社長はいない)。なお伊藤忠グループ傘下となってからも、無印良品の販売など旧セゾングループ構成企業との一定の関係は堅持されている。また、旧セゾングループは西武グループから分裂したものであり、もう1つの片割れである西武ホールディングスとも西武鉄道と提携しTOMONY事業で一定の関係がある。

日本全都道府県に店舗があり、店舗数は11,872店舗(2016年(平成28年)7月末現在)で業界3位。鹿児島県・沖縄県ではシェア1位。

2007年(平成19年)7月10日、コンビニ業界で初めてiD、Edy(現:楽天Edy)の共用端末が使用できるようになった。Edyが全店舗で利用できるコンビニは、旧am/pm、旧サークルKサンクス、ポプラグループに次いで4社目。

なお、商品代金のクレジットカードによる決済は、ファミリーマートの会員カードであるファミマTカードでのみ可能であったが、2011年(平成23年)11月29日より他社発行のクレジットカードが利用できるようにシステムを変更した。ファミマクレジット(ファミマTカード発行元)が発行している「TSUTAYA Wカード」も、2011年11月29日以降、ファミマ店頭でクレジット払いが出来るようになった。なお、後述のとおり電子マネーiDでの支払いができるので、iD機能付きのクレジットカードであれば、どの会社が発行したクレジットカードでも実質的に使用が可能である。



かつては、ロゴはポップ調のフォントで、太陽と星を使った「スマイルスターアンドサン」と呼ばれるシンボルマークを使用していたが、1992年(平成4年)に(ポールのデザインは1998年(平成10年)に)現在のロゴマークに変更された(ただし、「スマイルスターアンドサン」は現在でも入り口横の窓に貼られている)。現在のロゴマークは電通と原田進のデザインによるもので、2016年のユニーとの統合の際にマイナーチェンジされた。



2015年(平成27年)3月10日、同業のサークルKサンクスを運営しつつ東海地方を基盤とするユニーグループ・ホールディングスとの間で経営統合へ向けた協議を開始すると発表し、翌2016年(平成28年)1月27日、同年9月1日に、ユニーグループHDと経営統合した上で同社を吸収合併し、持株会社『ユニー・ファミリーマートホールディングス株式会社』に転換し、CVS事業をサークルKサンクスへ吸収分割にて継承させ、サークルKサンクスの社名をファミリーマートに改称させる。そこから3年かけてサークルKとサンクスの店舗を順次ファミマに切り替えると発表した。この統合により株式会社ファミリーマートの、ファミリーマート、サークルK、サンクスの3ブランドの合計店舗数は17600店舗近くとなり、同業首位のセブン-イレブンジャパンと並ぶ国内最大級のコンビニチェーングループが誕生することとなる。このほか、2015年3月13日には東海地方が地盤のCVSであるココストアの買収へ向け最終調整に入ったとも伝えられ、同10月1日付で、130億円を投じココストアの全株式を取得し完全子会社化した。ココストアは同12月1日、ファミマに吸収合併され解散となり、ファミマ内に「ココストア事業・統合本部」を設けた。また、「ココストア」及び「エブリワン」の屋号はサークルKサンクス合併直前の2016年8月31日までにミツウロコ譲渡分を除き「ファミリーマート」に転換、公式サイトも閉鎖された。

ほとんどの店舗が24時間終日営業であるが、近鉄、JR九州とフランチャイズを結んだ駅構内の店舗、大学キャンパス、企業の社内売店などでは終日営業せず、時間を制限して営業している。
代表者
代表取締役社長 髙柳浩二
設立年月日
1981-09-01
従業員数
17,777 人
上場年月日
1987-12-07
平均年齢
44 歳
平均年収
6,798,000 円
上場市場
東証1部,名証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
172Picks
ファミマ店舗に保育所整備 名古屋市、協定締結へ
共同通信
|
ファミマ店舗に保育所整備 名古屋市は6日、待機児童対策として、市内にあるコンビニ大手ファミリーマートの店舗や敷地内に認可保育所を整備するため、同社と協定を締結すると発表した。市によると、コンビニに認可保育所を整備するのは全国初...
32Picks
セブンの「野菜工場」で見えた、コンビニが「ユニクロ」になる日 - News&Analysis
Diamond Online
|
コンビニエンスストアの製造小売業(SPA)化は進むのか──。セブン-イレブンは2019年から専用の野菜工場を稼働し、サラダや調理パンなどに使用する野菜の製造を開始する。ファミリーマートも工場で生産した野菜の導入を始めた。
32Picks
コンビニ最終決戦 :ファミマ、Tポイント「決別」の皮算用=永野雅幸 | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
「Tポイントカード、どうにかせんとあかんな。ファミリーマートに不利な契約になっとる」──。伊藤忠商事の岡藤正広・会長CEO(最高経営責任者)は経営説明会で繰り返し不満を訴える。共通ポイントカード、Tポイントカードを管理するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)との契約更新のタイミングが2018
10Picks
大原孝治ドンキホーテHD社長が語るユニー完全子会社化の真相、メディア報道の大きな誤解とは
BCN+R
|
10月11日に発表されたドンキホーテホールディングス(ドンキHD)によるユニー完全子会社化。結果、ドンキHDの売上高は約1兆6000億円となり、小売業界でイオン、セブン&アイ・ホールディングス、ファーストリテイリングに次ぐ4位に浮上する。昨年11月にユニー・ファミリーマートホールディングス(ユニファミマHD)がユニーの株式40%をドンキHDに譲渡してから1年。完全子会社化の背景にはどのような...
773Picks
【スクープ】追い込まれたTカード。「ファミマ撤退報道」の真相
NewsPicks編集部
|
2017年春。CCCを動揺させる大きなニュースが飛び交った。ファミリーマートがTカードから撤退する──。Tカードにとって、グループで全国に1万7千店を構えるファミマは超重要取引先。「ファミマ無く...
348Picks
まるで三国志!? 2010年代の“コンビニ戦争”をランキングで振り返ると…
citrus
|
北海道胆振東部地震とその影響による停電でコンビニが軒並み営業を停止するなか営業を続ける”神対応”で一躍全国に名をはせた、北海道の大手コンビニチェーン・セイコーマート。各都道府県の店舗数トップをセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの三大チェーンが占める中、北海道ではいまだ首位を保っています。2018年2月には1093軒と道内店舗数第1位。第2位のセブンイレブン(983軒)に100軒以上の...
13Picks
スマホ決済「PayPay」 巨額投入で強化策 “QR戦国時代”にソフトバンク
ホウドウキョク
|
新規参入が相次ぐ、QR決済事業に、いよいよソフトバンクとヤフーが、本格参戦する。 ソフトバンクとヤフーが新たに開始した、QRコード決済「PayPay」。 12月4日から、全国のファミリーマートおよそ1万7,000店で利用が可能になるのに合わせ、支払額の20%を還元するなど、総額100億円のキャンペーンを行うと発表した。 PayPay・中山一郎社長 「わたしたちは、ユーザー、利用店舗双方で、ナ...
499Picks
セブン-イレブンの「冷凍食品」ケースが3倍に拡大した理由
Diamond Online
|
コンビニではこれまで目立たない存在だった冷凍食品がにわかに注目されている。セブン-イレブン・ジャパンでは冷食の販売実績が10年前の2008年に比べて5倍以上に拡大しており、ローソンやファミリーマート、ミニストップでも好調だ。
10Picks
ファミマ、ローソン、ユニーも撤退。現場が限界を迎えていた「ネットスーパー事業」の実態 - 経済・ビジネス - ニュース
週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]
|
大手スーパーやコンビニが、ネットスーパー事業から次々と手を引いている。 ネットで注文すれば生鮮食品などを自宅まで届けてくれる利便性が売りだったが、今年2月末にファミリーマートのネット店舗「ファミマド...
21Picks
ユニー・ファミマHD/送金・決済アプリ「pring」に出資、QR決済導入
流通ニュース
|
ユニー・ファミリーマートホールディングスは11月5日、送金・決済アプリ「pring」を運営するpringに出資すると発表した。 フィンテック関連ビジネスを推進する傘下のUFI FUTECHを通じて伊藤忠商事と共に、出資す […]
32Picks
QR決済・無料送金アプリの「pring」が12.8億円を調達——“お金のコミュニケーション”軸に独自路線で拡大へ
TechCrunch Japan
|
「自分たちとしてはそこまでQRコード決済アプリなどを意識しているわけではなく『お金コミュニケーションアプリ』として新しい市場を作る挑戦だと考えている。もちろん加盟店の開拓なども進めていくが、今後注力したいのはユーザーを増やし、お金のコミュニケーションを活発にしていくこと」 そう話すのは無料送金アプリ「pring(プリン)」を運営するpring代表取締役CEOの荻原充彦氏だ。 QRコード決済機...
61Picks
しまむら、ファミマ、日高屋が生まれたのは何県?
BEST TIMES(ベストタイムズ)
|
東京のお隣、日本経済を支える大事な役割を担っている〇〇県。答えは本文で。
117Picks
ドンキへ売却「早過ぎる」 ユニー社長、親会社方針に
産経ニュース
|
スーパーを展開するユニーの佐古則男社長は30日、親会社ユニー・ファミリーマートホールディングスが、ユニーの全株式をディスカウント大手ドンキホーテホールディングス…
226Picks
コンビニ各社は「デジタル」でどこまで差別化できる?
ニュースイッチ
|
コンビニエンスストアが店舗の競争力強化を加速している。ローソンは店舗に設置したモニター画面を通じ、専門家が来店客に健康指導する「デジタルコンシェルジュ」などのサービスを「CEATECジャパン2018
12Picks
ハロウィーン「瓶の酒販売自粛」の実行をセブンが約束できない事情
ITmedia ビジネスオンライン
|
渋谷区がハロウィーン本番を控え、瓶に入った酒の販売自粛を要請した。ファミマ、ローソン、ドンキは自粛を実行するというが、セブンだけは自粛するかどうか約束できないという。
10Picks
コンビニ各社、中華まんに工夫詰め込む
ニュースイッチ
|
気温が低下し、温かい食べ物が恋しくなる季節。コンビニ各社が工夫を凝らした中華まんを相次いで市場投入している。中華まんは熱々の商品が手軽に食べられることから、コンビニでも世代を問わない人気商品。一昔前
17Picks
書籍「コンビニオーナーになってはいけない」を店頭に並べたコンビニ 「ブラックジョークではない」その真意
J-CASTニュース
|
「コンビニオーナーになってはいけない」なんて本を、現役のコンビニオーナーが「おススメ」している―――?2018年10月19日、あるユーザーがツイッターにこの本が並んだ店内の様子をアップ、「こんなブラックジョーク効いたファミマ初めてだわ」と一文をつけて投稿すると、ツイートは瞬く間に拡散した。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ