新着Pick
SPD1OC8RGN9D3ZLR

大塚ホールディングス 株式会社

大塚ホールディングス株式会社(おおつかホールディングス、Otsuka Holdings Co.,Ltd.)は、大塚製薬をはじめとする「大塚グループ」の持株会社である。 ウィキペディア
東京都港区港南二丁目16番4号 品川グランドセントラルタワー12階
03-6717-1410
詳細を見る
概要
持株会社制導入前の大塚グループは、事業会社各社が相互に株式を持ち合い、全体を統括する親会社はなかった。しかし、2008年になり、グループとしての経営を強化するため、大塚製薬が株式移転により親会社として同社を設立し、他のグループ各社も同社の傘下に収まることで、持株会社制をとるようになった。2010年12月15日には、東京証券取引所第一部に上場。

2012年時点での日本の医薬品企業(製薬メーカー)での売上高は4位、世界の医薬品企業の売上高順位では20位である。武田薬品工業(世界14位)・アステラス製薬(同18位)・第一三共(同19位)・エーザイ(同25位)と共に国内5大医薬品メーカーのひとつである。

グループ共通のコーポレートスローガンは「Otsuka - people creating new products for better health worldwide」。コーポレートシンボルは2007年6月から導入されている大塚製薬のコーポレートシンボルを継承している。

登記上の本店所在地は東京都千代田区神田司町二丁目9番地だが、実際の本社オフィスである東京本部は品川グランドセントラルタワーの12階(東京都港区港南二丁目16番4号)にある。
代表者
代表取締役社長 樋口 達夫
設立年月日
2008-07-08
従業員数
31,787 人
上場年月日
2010-12-15
平均年齢
44 歳
平均年収
10,786,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
FDA、大塚製薬のセンサー内蔵錠剤を米国で初めて承認
Reuters
|
[13日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は13日、大塚ホールディングス<4578.T>子会社の大塚製薬の抗精神病薬「エビリファイ(Abilify)」に極小センサーを組み込んだ錠剤「Abilify MyCite」を承認したと発表した。
8Picks
大塚製薬による世界初のデジタル薬「Abilify MyCite」、米FDAが承認
マッシュメディア
|
大塚製薬(本社・東京)は、同社の経口抗精神病薬に極小センサーが組み込まれた世界初のデジタル薬「Abilify MyCite」が、米国食品医薬品局(FDA)に承認されたと発表した。 服薬の状況を専用アプリに正確に記録
4Picks
大塚製薬 「デジタルメディスン」米で世界初承認―錠剤にセンサー 服薬を管理
製薬業界の転職サイト Answers(アンサーズ)
|
大塚製薬は11月14日、錠剤に微小なセンサーを埋め込んで服薬状況を管理する同社の「デジタルメディスン」が、世界で初めて米FDA(食品医薬品局)から承認を取得したと発表した。   承認を取得したのは、抗精…
7Picks
専用ケースでLED自動点滅、服薬うっかり忘れ防止 製薬業界で進むIoT活用
産経ニュース
|
あらゆるモノがインターネットとつながる「IoT」の導入が製薬業界で広がっている。大塚製薬などは薬の飲み忘れを防ぐサービスに応用。大日本住友製薬はIT(情報技術)と医療を組み合わせた健康管理事業への参入を検討している。製薬会社はITをテコに新事業を模索している。
1Pick
世界初、センサー内蔵の抗精神病錠剤を米FDAが初めて承認
Newsweek日本版
|
米食品医薬品局(FDA)は13日、大塚ホールディングス子会社の大塚製薬の抗精神病...
2Picks
大塚ホールディングス 営業利益 減益 25.9%減、通期会社予想 計画修正なし
xenoFlash - AI決算分析
|
2017年12月期 第3四半期 決算発表時刻 2017年11月14日 13:30 自動生成時刻 2017年11月14日 13:31
3Picks
大塚製薬 国内初の「減酒薬」を申請―アルコール依存症 治療薬市場は急拡大へ
製薬業界の転職サイト Answers(アンサーズ)
|
大塚製薬が承認申請したアルコール依存症に対する国内初の「減酒薬」。これまで「断酒」中心だった治療を大きく変えそうで、アルコール依存症治療薬の市場は急拡大が予想されています。
1Pick
大塚製薬のデジタル錠剤が米国で初承認、服薬状況をスマホで確認
MITテクノロジーレビュー
|
米国食品医薬品局(FDA)は米国初のデジタル錠剤を承認した。大塚製薬などが開発したエビリファイ・マイサイト(Abilify MyCite)と呼ばれるこの錠剤は、統合失調症、場合によっては躁うつ症の治療に使われる抗精神病薬だ。しかし、一般的な錠剤とは異なり、摂取可能な小さなセンサーが内部に組み込まれており、定期的に服薬状況をチェックできる。
2Picks
大塚製薬のデジタル錠剤が承認 センサーで服薬状況記録
ITmedia ビジネスオンライン
|
大塚製薬が、錠剤にセンサーを組み込んだ医薬品「エビリファイ マイサイト」が米食品医薬品局(FDA)に承認されたと発表。
7Picks
大塚HD子会社、血流持続型内視鏡を発売 医療機器事業の拡大へ
財経新聞
|
大塚ホールディングスの子会社である株式会社JIMROは血流持続型血管内視鏡を19日より発売する。
3Picks
米FDA、世界初のデジタルメディスンを承認
The Wall Street Journal
|
米食品医薬品局(FDA)は、大塚製薬と米プロテウス・デジタル・ヘルスが開発した世界初のデジタルメディスン(服薬測定ツール)を承認した。
6Picks
大塚HD・16年通期決算、営業利益は前年比32.1%減 エビリファイ特許切れが大きく影響
ログミー
|
2017年2月14日に行われた、大塚ホールディングス株式会社2016年度決算説明会の内容を書き起こしでお伝えします。IR資料
9Picks
今期の売上高見通し「ゼロ」、窪田製薬に打開策はあるか
ニュースイッチ
|
眼疾患領域の医薬品開発を手がける窪田製薬ホールディングスは、2017年12月期に売上高ゼロを見通す。期待していた治療薬候補の臨床試験で期待した結果が出ず、16年6月に共同研究相手の大塚製薬との提携が終了したことが大きく響いている。商業販売を承認された製品もなく、創業から数年は売り上げが立たないことが多い創薬ベンチャーながら打開策が必要な状況だ。窪田良会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)に経営...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ