新着Pick
SPD10XOE7H07EOTC

Microsoft Corp

マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発・販売する会社である。1975年4月4日にビル・ゲイツとポール・アレンらによって設立された。 ウィキペディア
One Microsoft Way Redmond Washington United States
+1 425 882-8080
詳細を見る
代表者
Satya Nadella (Chief Executive Officer and Director)
設立年月日
1975
従業員数
124,000 人
上場年月日
1986-03-13
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所,香港証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
92Picks
Microsoftの新しいタブレットPC販売戦略が日本市場で波紋を呼んでいる件
Yahoo!ニュース 個人
|
Microsoftが普及価格帯のタブレットPC「Surface Go」を発表したものの、Officeバンドルなどの理由で日本だけ価格が高いと少し騒ぎになっております。
346Picks
マイクロソフトが「ホワイトボード」正式版公開、PC・スマホで複数人と共同編集
Engadget 日本版
|
Microsoftは7月12日(現地時間)、Windows用アプリ「Micorsoft Whiteboard」をリリースしました。Microsoft Storeから無料でダウンロード可能です。 Microsoft Whiteboardは昨年末にプレビュー版としてリリースされており、同社によると、20万人以上のユーザーからフィードバックがあったとのこと。その内容をもとに機能やUXなどの微調整を...
303Picks
マイクロソフト、「Teams」の無償版を提供開始
ZDNet Japan
|
マイクロソフトが、グループチャットプラットフォーム「Microsoft Teams」の無償版を提供開始したと発表した。
61Picks
レジなし店舗でアマゾンに挑む?--MSとウォルマートの連携報道にみる小売の未来
ZDNet Japan
|
大手IT企業であるマイクロソフトと、店舗販売小売業者の雄であるウォルマートのパートナーシップが実現すれば、アマゾンの実店舗展開の試みに対する大きな牽制となるだろう。またこれは、今後店舗からレジが消えていくことを示す確かな兆候でもある。
845Picks
Microsoftが「Surface Go」を発表! 400ドルの低価格モデル!
ギズモード・ジャパン
|
Image:GizmodoUS噂どおり!Microsoftから、Surfaceの新型「SurfaceGo」が発表されました!海外での発表で、価格は399ドル(約4万4000円)から。今までのSurfaceライナップから、大幅に価格を下げた低価格帯モデルとなります。コンセプトは「最も小さくて手頃な価格のSurface」。キックスタンドや4,096段階の筆圧検知、キーボードカバーにも対応するといった、
12Picks
Surface Goが国内で発表! 8月28日発売、価格は6万4800円から
ギズモード・ジャパン
|
Photo:山本勇磨日本でも発表されました。本日14時より、Microsoftは日本で発表イベントを開催。先立って海外で発表されていた「SurfaceGo」が、日本でも発表されました!いやぁ、嬉しいです。だってほとんどタイムラグないんですもの。国内での発売日は8月28日。予約は7月12日から。価格は一般向けが6万4800円〜。この記事は随時、情報を更新しています。SurfaceGoの価格出ました!
86Picks
Microsoft、新Surfaceを明日にも発表へ――iPad対抗のエントリーモデル投入か?
TechCrunch Japan
|
MicrosoftはSurfaceの新モデルの発表をまだ行っていないが、公式アカウントからのツイートはほぼそれに近い。Microsoftは「新しいSurfaceはどんなものになるのか?」という誰もが抱く最大の疑問をツイートした。添付写真にはSurfaceの現行ラインナップが写っっている。 Read More
26Picks
「礼儀正しく時間を奪う人」にどう対抗する? マイクロソフト澤円氏が語る働き方改革 (1) 無駄な会議が「普通」になっている人たち
マイナビニュース
|
東芝のイベント「TOSHIBA dynabook Day 2018」で、日本マイクロソフト マイクロソフトテクノロジーセンターでセンター長を務める澤円氏が講演。働き方改革には時間を有効に使う必要がありますが、その時間を「礼儀正しい言葉で奪っていく」人へどう立ち向かうか、澤氏が語りました。
286Picks
書評サイトHONZ主宰の成毛眞氏が語る「オンリーワンになる読書術」【読書術特集:前編】
EL BORDE (エル・ボルデ) - デキるビジネスパーソンのためのWEBマガジン
|
巷間の「読書のメリット」とはまったく別の視点で“読書の醍醐味”を語る、元日本マイクロソフト社長で書評サイト「HONZ」代表の成毛眞氏の考えとは?
33Picks
xR導入で建設業界の働き方改革が爆速で進むワケ
Beyond
|
建設業界におけるxRの活用が急速に進んでいる。xRとはAR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実または混合現実)の総称で、様々な産業で利活用方法が模索されている。今回は、マイクロソフトと協業してホロレンズを活用し日本の建設業界では初めて、建設現場へのMR(複合現実)導入に踏み切った小柳建設社長 小柳卓蔵氏にお話を伺った。
29Picks
ビル・ゲイツ氏が薦める、夏の読書にぴったりな20冊
Business Insider Japan
|
ビル・ゲイツ氏は読者が大好きだ。 マイクロソフトの共同創業者で、ビル&メリンダ・ゲイツ財団の会長を務めるビリオネアのゲイツ氏は、年に50冊前後を読むと言われていて、自身のブログ「Gates Notes」にその冒険を記録している。 ゲイツ氏が薦める本は、ウォルター・アイザックソンが書いたレオナルド・ダ...
389Picks
巨人マイクロソフトは、 なぜ復活できたのか?
Diamond Online
|
世の中がスマートフォンへ大きくシフトすると、パソコン全盛期の覇者だったマイクロソフトは停滞するようになった。しかし、サティア・ナデラがCEOに就任すると好転。そこにはどんな戦略があったのか?
44Picks
安価なSurfaceタブレット、本当に出るかも!? 公式登録された未発表モデルを発見
ギズモード・ジャパン
|
MicroSoftファンにとって、ちょっと嬉しい噂が飛び込んできました。安価版のSurfaceタブレットが本当に実現するかもしれないのです。公的機関に登録された新しいモデルナンバーが発見されたことで、実現可能性がググッと上がったんです。
101Picks
マイクロソフトも注目するインド「アンドラ・プラデシュ州」とは?
Beyond
|
マイクロソフトは6月29日、「アジアにおいてAI が大きな成果を挙げている5つの分野」についてを発表した。同社はインド、アンドラ・プラデシュ州政府と協力して教育系アプリ開発したという。また日本政府も、同州への投資を行っており、日本企業の進出を進めている。注目が集まる「アンドラ・プラデシュ州」とは、一体どんな場所なのだろうか。
174Picks
マイクロソフト、ポケットサイズの2画面「Surface」を開発中?--新たに画像など流出か
CNET Japan
|
マイクロソフトはこれまでの数カ月間にも、新たな「Surface」デバイスを開発中だとして、憶測や特許申請について報じられていたが、The Vergeは新たに、マイクロソフトがポケットサイズでデュアルスクリーンの新しいSurfaceデバイスを開発中だと報じている。
2276Picks
ビル・ゲイツが語る「世界を理解するために覚えておくべき3つのグラフ」とは?
GIGAZINE
|
Microsoftの創業者として知られるビル・ゲイツ氏は、ウェブブラウジング中にOur World in Dataというさまざまな統計を表示するウェブサイトを見つけ、世界の生活状況がどのように変化
55Picks
最適な種まきタイミングを予測――AI活用が進む5分野、その活用方法とは
ITmedia エンタープライズ
|
Microsoft AsiaのRalph Haupter氏は、アジアで人工知能の導入が功を奏している5つの分野を挙げ、その成果を語った。具体的には、「アクセシビリティー」「農業」「気候変動」「教育」「ヘルスケア」の5分野である。
13Picks
元Microsoft Researchメンバーらで設立したチーム、手軽にプロジェクションマッピングができるデバイス「LF-1」販売開始。699ドル。日本はまだ
Seamless
|
米国のスタートアップ「Lightform」は、プロジェクションマッピングが手軽にできるデバイス「LF-1」の販売を開始しました。
19Picks
アジアでAIが大きな成果を挙げている5分野とは? - マイクロソフト
マイナビニュース
|
マイクロソフトは6月29日、アジア地域では、「アクセシビリティ」「農業」「気候変動」「教育」「ヘルスケア」において、AIが大きな成果を挙げていると公表した。同社は、天候や土壌などの指標に基づいて作物の植え付けに最適な日を農家に助言する「AI Sowing App」を開発している。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ