新着Pick
SPD0RXQ5N2LNLR81

NVIDIA Corporation

NVIDIA Corporation(エヌビディアコーポレーション)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにある半導体メーカー。コンピュータのグラフィックス処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を開発し販売する。 ウィキペディア
2788 San Tomas Expressway Santa Clara California United States
+1 408 486-2000
詳細を見る
代表者
Jen-Hsun Huang (Director, President and Chief Executive Officer)
設立年月日
1993
従業員数
11,528 人
上場年月日
1999-01-22
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
342Picks
普通のカメラで撮影した映像を超滑らかにスローモーション化できるAI技術「Super SloMo」をNVIDIAが開発
GIGAZINE
|
NVIDIAがマーセッド大学とマサチューセッツ大学アマースト校と共同で、機械学習を利用してムービーの中間フレームを予測・自動生成することで通常のムービーを滑らかなスローモーションムービーに変える技
4487Picks
【新】グローバル時代の「必須スキル」。今こそ会計を学べ
NewsPicks編集部
|
ARM、WeWorkに、UBER、NVIDIA(エヌビディア)──。近年、毎月のように世界中の有望企業への買収や投資を爆速で進め、世界のテクノロジー界を震撼させるソフトバンクグループ。その社内で...
12Picks
自動運転向け「Pro AI」の正体 知られざる水面下の量産化
自動運転ラボ
|
自動車部品大手の独ZF社と半導体大手の米NVIDIA(エヌビディア)社が共同開発したAI(人工知能)搭載の自動運転制御ユニット「ZF ProAI」が大きな注目を浴びている。すでに量産化が進められており、中国市場を中心に同製品を採用する動きが広がっている。
17Picks
自動運転技術の新たな競争を仕掛けたNVIDIA
EE Times Japan
|
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、自動運転車向けSoC「DRIVE PX Pegasus」の発表から浮かぶ、NVIDIA車載事業の狙いをみていきます。
13Picks
Nvidiaで生まれた怪獣HGX-2はHPCやAIのサーバーを単一アーキテクチャでまかなう
TechCrunch Japan
|
 Nvidiaが昨日(米国時間5/29)発表したモンスターHGX-2は、ギークの夢の実現だ。それはクラウドサーバー専用機と称され、しかもハイパフォーマンスコンピューティングと人工知能の要件をひとつの強力なパッケージで満足させている。 Read More
29Picks
自動運転トラックは「転移学習」で進化 米NVIDIAのAI動画に秘める可能性
自動運転ラボ
|
画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアは2018年5月21日、自動運転をテーマに扱った新たな動画を動画投稿サイト「Youtube」で公開した。公開した動画はAI(人工知能)イノベーターを追ったドキュメンタリー企画「I AM AI」のエピソード2で、エヌビディアの先端技術を活用した米トラックメーカーのパッカー(PACCAR)社の取り組みを扱っている。
118Picks
絶対王者インテルが"自動運転"で焦るワケ - なぜエヌビディアを恐れているのか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
自動車産業を根本から変えるといわれる「完全自動運転」。実現には高性能な半導体が不可欠です。これまで業界の王者はインテルでしたが、新…
33Picks
AI、機械学習、ゲームの波に乗るNVIDIA
CNET Japan
|
GPUメーカーのNVIDIAは、あるアナリストがコンピューティング分野の「構造的転換」と呼ぶ変化の恩恵を受けているのかもしれない。
31Picks
自動運転にAI(人工知能)は必要? 倫理観問う「トロッコ問題」って何?
自動運転ラボ
|
自動運転の根幹を成すともいわれるAI(人工知能)。トヨタをはじめとする大手自動車メーカーや米NVIDIA (エヌビディア)社などの半導体メーカー、米Google(グーグル)系のWaymo(ウェイモ)など、世界の既存大手企業からスタートアップ・ベンチャー企業などがこぞって開発に力を入れている。そもそもAIとは何か、なぜ自動運転にAIが必要なのかといった基本的な部分を掘り下げ、開発の必要性に迫りたい。
64Picks
米エヌビディア、市場予想上回る売上高見通し-AIやゲームがけん引
Bloomberg.com
|
米エヌビディアの5-7月(第2四半期)売上高見通しは、市場の高い期待をさらに上回る数字となった。人工知能(AI)やゲームを支える主力の画像処理半導体(GPU)の需要が一段と力強く推移すると予想している。
12Picks
医療画像解析のAI活用は黎明期、今後は市場成長が急加速――エヌビディアのヘルスケア事業
MONOist
|
エヌビディア本社よりヘルスケア事業バイスプレジデントのキンバリー・パウエル氏が来日し、同社が開発した医用画像診断のためのコンピューティングプラットフォームである「Project Clara」(Clara)について説明した。Claraは仮想GPU環境であり、「NVIDIA vGPU」の活用によるマルチユーザーアクセスが可能である。
540Picks
深層学習は医学に不可欠になる──エヌビディアが狙う次のビジネス
MIT Technology Review
|
エヌビディア(Nvidia)のCEO(最高経営責任者)であり、億万長者でもあるジェンスン・ファンは、人工知能(AI)のアルゴリズムを動かすハードウェアを供給して富を築いた。ファンは今、AIが医学...
16Picks
NVIDIAが非難殺到のGeForce Partner Program(GPP)を取りやめる
GIGAZINE
|
NVIDIAは「ライバルAMDのグラフィックボードを市場から締め出す」ためにパートナーのグラフィックボードメーカーに対してNVIDIA製品とAMD製品の差別化を無理強いしているのでは?と批判が殺到
14Picks
NVIDIAが開発。画像の消したい箇所をチョチョイと選択するだけで、AIが自動で再構築してくれる技術
ギズモード・ジャパン
|
Adobeに負けじと、NVIDIAもAIによる画像補完ツールを開発しました。競争相手として不足なし!
10Picks
深層学習は医学に欠かせなくなる——エヌビディアが狙う次のビジネス
MITテクノロジーレビュー
|
米エヌビディアがコンピューター・ゲーム用に開発したグラフィックス・チップはAIアルゴリズムの高速実行にも適している。医用画像の分析で利用され、あなたの命を救うかもしれない。
231Picks
NVIDIA、画像内の一部を削除しリアルに修復するDeep learningを用いた画像修復技術を発表
Seamless
|
NVIDIAの研究チームは、画像内の一部を削除し修復するDeep learningを用いた画像修復法を発表しました。
23Picks
邪魔な物体を塗りつぶすだけでAIが画像を違和感ないレベルに自動修正する技術「Image Inpainting」をNVIDIAが公開
GIGAZINE
|
写真の情報が欠落した部分を自動で補正する技術「Image Inpainting」をNVIDIAが公開しました。ディープラーニングを使って実現したImage Inpaintingは、写真の中の要らな
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ