新着Pick
SPD0FNEZQWPSXPDV

日産自動車 株式会社

日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
横浜市神奈川区宝町2番地
045-523-5523
詳細を見る
概要
本社は横浜市西区高島1丁目1-1(日産グローバル本社)。芙蓉グループ(旧富士銀行系列)に属する東証一部上場企業である。ルノーが株式の44パーセントを所有しアライアンス関係である。

日産自動車の関連会社には、委託製造会社である日産車体、モータースポーツ専門のニスモなどがある。また、国外では高級車の「インフィニティ」ブランドおよび新興国向けの低価格車ブランド「ダットサン」での展開も行っている他、ルノーの車種を「日産」ブランドで販売している(ルノー・ジャポンは日産グローバル本社屋内に籍を置く)。

筆頭株主のルノーから派遣されたカルロス・ゴーンが代表取締役会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)を2017年3月まで務めた。同年4月からは会長に専念する。なお、ゴーンは2005年4月よりルノーの取締役会長兼CEO (PDG)も兼任している。現在、日産自動車の経営はゴーン会長の指揮の下で最高執行責任者(COO)を置かず、複数の執行役員らがCOOの役割を分担している。

日産自動車の2010暦年のグローバル販売台数及び、グローバル生産台数は共に400万台を超える。日本の自動車メーカーとしてはトヨタ自動車に次いで2番目に400万台の大台を突破した。

2017年の上半期には、ルノー、三菱自と合わせた世界販売台数でグループ第1位を獲得した。

2017度の国内登録車台数はトヨタ自動車に次ぐ第2位である。

女性活躍推進に優れている企業を選定・発表している経済産業省と東京証券取引所との共同企画である「なでしこ銘柄」に第一回(平成24年度)から連続して選定されている(平成28年度時点)。
代表者
取締役社長 西川廣人
設立年月日
1933-12-26
従業員数
138,910 人
上場年月日
1951-01-04
平均年齢
42 歳
平均年収
8,184,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,OTCピンクシート(ADR),ウィーン証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハンブルグ証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所(ADR)
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
セレナe-POWER試乗記
note(ノート)
|
6月にノートe-POWERをレンタカーで借りて、非常に高い動力性能を持つことがわかった。 このパワートレインをほぼそのまま使用し、車両自重は1.7トン以上、総重量は2.1トンにも達するセレナe-POWERがどうなのか、少し気になっていた。 さて、セレナとはどんなクルマだろう。 1970年代後半に日産の商用車バネットをベースに、多人数車としてバネットコーチ/ラルゴとして登場したのが祖先だ。この...
18Picks
主戦場の"自動運転レベル2"…世界10社の独自機能を比較解説 トヨタ自動車や日産、レベル3との違いは?
自動運転ラボ
|
独Audi社が自動運転レベル3(条件付き運転自動化)搭載車「A8」を発売して約1年が経つが、法規制などの社会の枠組みが追い付かずほぼ実用化されていないのが現状で、市販車の競争は依然として自動運転レベル2(部分運転自動化)ベースに行われている。
434Picks
今さら聞けない「自動運転」の仕組みと業界地図、トヨタやホンダはどこと提携しているのか
ビジネス+IT
|
内閣府が2018年に発表した「自動走行システム研究開発計画」によると、2020年をメドに“限定領域”で「自動運転」が可能な車を市場に出すことを目標にしています。自動運転分野への取り組みは、トヨタやフォルクスワーゲン(VW)、BMW、日産・ルノーなどの自動車メーカーに限らず、グーグル(Waymo)をはじめとしたITビッグ、NvidiaなどのGPUチップメーカー、自動車部品メーカーなど、さまざま...
52Picks
EVの蓄電池を系統に接続し充放電、「V2G」の可能性
ニュースイッチ
|
東北電力、日産自動車、三井物産、三菱地所は4日、電気自動車(EV)の蓄電池を電力系統に接続して充放電するV2G(ビークルツーグリッド)技術構築のため、仙台市内で実証を始めると発表した。期間は2019年3月末まで。 東北電力が開発する遠隔監視・制御システムを通じて、EVの蓄電池が再生可能エネルギー導入拡大に向けた電力需給バランスの調整機能として活用できるか検証する。 仙台ロイヤルパークホテル(...
42Picks
なぜ一強時代に!? ホンダと日産がトヨタに敵わなくなった理由
自動車情報誌「ベストカー」
|
トヨタは、日本の小型/普通車市場で安定的に45~49%のシェアを保つ。軽自動車を含めた総台数で見ても30%前後に達する。過去の売れ方を振り返ると、小型/普通車市場におけるトヨタのシェアは、1970年には39%で、この時点ですでに1位だったが、実は日産も33%で良い勝負をしていた。
137Picks
空飛ぶクルマ実現への5つの壁…基礎解説&開発企業まとめ AIや自動運転の技術活用、トヨタ自動車や日産も参入?
自動運転ラボ
|
空飛ぶクルマの実現が現実味を帯びてきた。日本国内ではこれまで民間有志が取り組みを進めていたが、2018年6月に発表された未来投資戦略2018に「世界に先駆けた空飛ぶクルマの実現」が盛り込まれ、これを受けて国土交通省、経済産業省が「空の移動革命に向けた官民協議会」を同年8月に設立し、民間と共同でロードマップの策定に着手したのだ。
14Picks
増える電気自動車、使用済みバッテリーはどこへ向かうのか(後編)
NewsInsight
|
電気自動車で使用済みとなったバッテリーをどうするのか。その問題に取り組むのが、日産と住友商事が出資するフォーアールエナジーだ。同社を率いる牧野社長は、再利用への道筋を確固たるものにすべく、メーカーの壁を越えた協業も可能との考えを示す。
26Picks
「つながるクルマ」…基礎から各社開発進捗まで解説&まとめ AI自動運転にも欠かせない通信技術、トヨタ自動車や日産の参入
自動運転ラボ
|
自動運転開発と並び、近年自動車業界で注目が高まっているのが、インターネットを介して外部とつながるコネクテッドカーだ。安全性への貢献やエンターテインメント機能などをはじめ、コネクテッドカーに必要となる高度な通信技術は自動運転の実現にも欠かせない技術であり、今後ますます開発と実用化は進んでいくものと思われる。
28Picks
日本は周回遅れ!? 最先端の中国AIライドシェア(DiDi)の技術に迫る - イノベーションのカケラ
イノベーションのカケラ
|
まさか日本と中国がここまで差がついているとは思いませんでした。 中国には、ライドシェアサービスを提供している滴滴出行(DiDi Chuxing)という企業があります。DiDiは2012年に程維(Cheng Wei)という人物が創業し、2018年現在では6兆円を超えるユニコーン企業です。6兆円がどれくらいの企業価値かと言うと、日本企業では自動車メーカーの日産自動車やスズキよりも高く、またデンソ...
17Picks
ゼロから学ぶADAS(エーダス)…9つの構成要素で運転支援 延長線上にAI自動運転、トヨタ自動車や日産やテスラも開発
自動運転ラボ
|
昨今発売される新車には、「自動ブレーキ機能標準装備」や「レーンキープアシスト搭載」などの売り文句が当たり前のように並んでいる。ドライバーの運転を支援する「ADAS」の標準化は進んでおり、一部は搭載義務化も検討されているようだ。今回はこのADASに焦点を当て、ADASの種類や自動運転との関係などをまとめてみた。
59Picks
日産不正、出荷優先で検査軽視 経営責任回避し幕引き、台数拡大
共同通信
|
日産不正、出荷優先で検査軽視 日産自動車は26日、燃費測定などの不正検査に関する最終報告書を公表した。原因を「計画通りの生産出荷が優先され、検査が軽視されていた」などと説明。不正の対象となった台数は当初から34台増えて1205台に...
57Picks
ルノーと日産自の関係、「近い将来にはっきりさせる」-ゴーン氏
Bloomberg.com
|
仏ルノーと日産自動車、三菱自動車の会長を兼務し、3社連合(アライアンス)の会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン氏は、ルノーと日産自の関係について「近い将来にすべてをはっきりさせる」と語った。その上で、独立した会社間の協力を前提とする企業連合の適切な運営のため、自身は任期を設定せずにアライアンスを率いる役割に専念する考えを示した。
14Picks
自動運転AIの羅針盤…ダイナミックマップ完全解説&開発進捗まとめ トヨタ自動車や日産なども軒並み出資、イノベーション支える必須データ
自動運転ラボ
|
開発が急速に進展する自動運転分野。早ければ2020年ごろにもAI(人工知能)が全ての運転操作を担う自動運転レベル4(高度運転自動化)以上の車両が登場することになりそうだ。その実現には、車載センサーやAIの高度化はもちろんのこと、自車位置を正確に認識し、交通状況に応じた予測運転を行うための情報インフラが必要となる。その一つとして現在開発が進められているのが、高精度3次元地図に交通情報などを付加...
15Picks
日産の"流儀"…自動運転戦略を完全解説&まとめ 自動車革命へ虎視眈々、電気自動車生産と並ぶ核
自動運転ラボ
|
東京モーターショー2017で完全自動運転を実現するコンセプトカー「NISSAN IMx」を初公開した日産自動車。EV(電気自動車)専用プラットフォームや自動運転、コネクティビティなどあらゆる要素を盛り込んだ夢の一台だ。
25Picks
ルノー・日産・三菱連合がグーグルと提携した「深すぎる意味」 - 今週もナナメに考えた 鈴木貴博
Diamond Online
|
ルノー・日産・三菱連合は、コネクテッドカーのOSとしてAndroidを搭載するなどの技術提携を、グーグルと結んだことを発表した。この提携話、実は自動車業界にビジネスモデルの大転換を迫るほどのインパクトを持っている。その意味とは何か。
477Picks
ルノー・日産・三菱自動車、Googleと技術提携。次世代インフォテイメントシステムを2021年から搭載
Car Watch
|
仏ルノー、日産自動車、三菱自動車工業のアライアンス3社とGoogleは9月18日、技術提携を結んだことを発表した。この提携により同アライアンスの車両にAndroid OSを搭載し、高度なインフォテインメントやドライバー向けアプリを複数のブランドと車種で展開するとしており、この次世代インフォテイメントシステムを2021年から搭載していく予定であることが明かされた。
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ