葉村真樹「デジタル時代の生存戦略」
■参加を通して得られること
・デジタル化の洗礼を浴び、産業自体の危機が叫ばれる業界で生き抜くための視点。

・不可逆の未来を企業と個人が生き抜くための「生存戦略」を、戦略のプロと一緒に考える機会。
内容の確認をお願いします。
キャンセルポリシー確認
キャンセル期限
6月11日 PM7:00

キャンセル期限までにキャンセルをすれば、参加チケットがすべて返却されます。

期限を超えたキャンセルはいかなる理由においても受け付けておりません。

直前のキャンセルが度重なる場合は、サービス向上のため、事前確認のご連絡をすることがございます。

募集人数
180/定員180
 
必要なチケット
1
※ 不足チケットは、参加申込画面から購入頂けます。
 
保有チケット
 
参加の申し込みは締め切りました
キャンセル待ちの申し込みになります
キャンセルが発生した場合に、自動で確定します。
6月11日 PM7:00までに空き枠が出なければ、チケットは返却されます。
キャンセル期限が過ぎています
申し込み後にキャンセルすることができません。
利用規約
費用明細
保有チケット
枚利用
不足チケット
枚購入
支払金額

※アカデミアプラン(月額5000円)にお申し込みいただくと、本イベントに参加できるほか、動画、書籍、雑誌などのコンテンツもお楽しみいただけます。詳細はこちらをご覧ください。

登壇者
イベント詳細
■参加を通して得られること
・デジタル化の洗礼を浴び、産業自体の危機が叫ばれる業界で生き抜くための視点。

・不可逆の未来を企業と個人が生き抜くための「生存戦略」を、戦略のプロと一緒に考える機会。

・そして、デジタル時代を生きる一人一人が、今後生き抜く術を考える上でのヒント。

■イベント概要
今、多くの業界で、新旧企業が衝突し始めている。EVシフトで業界そのものが崩壊しかねない自動車メーカー、既存企業が新興企業に破壊され始めたアパレルメーカーや百貨店。

さらには製造、流通、電機、金融、保険、出版、テレビ、音楽、広告など、産業自体の危機が叫ばれている業界は少なくない。

果たして、このまま既存の企業は破壊者(ディスラプター)に代替され、多くの人の仕事はAIに奪われてしまうのだろうか?

本イベントではグーグル、ツイッター、LINEなど、外資系企業の「手先」として「日本市場」の攻略を中心的に担った戦略のプロが、不可逆な未来を生き抜くための生存戦略を明かす。

■登壇者プロフィール
葉村真樹(はむら・まさき)/LINE株式会社執行役員(広告事業戦略担当)、明治大学公共政策大学院兼任講師(情報・メディア戦略)
Google日本法人にて経営企画室兼営業戦略企画部統括部長、ソフトバンクにてiPhone事業推進室長、Twitter日本法人にて広告事業統括及びブランド戦略部門東アジア統括を歴任。AKQA日本法人代表、PwCコンサルティングエクスペリエンスセンター長等を経て、現職。
コロンビア大学建築・都市計画大学院修士課程修了、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、博士(学術)

■参加にあたっての注意点
・当日は18:30開場、19:00開演になります。会場は混雑が予想されますので、お早めにお越しください。
・会場の都合により、20:00以降にお越しの場合はご案内致しかねます。予めご了承ください。
・本イベントはアカデミアアプリにてライブ配信を行います。また、後日アーカイブ動画としても配信されます。
・会場は商業施設6Fのホール2になります。